ジンを楽しみ ジンで遊ぶ

ジン(酒)そのものを味わっています。国内外のジンを紹介するとともにジンで色々遊んでいます。

赤いきつねに騙された「ギルビー ジン」

f:id:cymagin:20190303005048j:plain

 ギルビーは37.5%(赤ラベル)と47.5%(緑ラベル)がある、きつねどん兵衛か。正直言って、緑にしておけば良かった。赤、ストレートではなんか物足りない。割って飲めば同じと言うものでもない。赤いきつねに騙された?。

 それでもギルビーは人気があり、赤のギルビーはスーパーの定番である。アルコール濃度が低いので、飲みやすいのは確か、12種類というボタニカルも柑橘を除けば主張するものではない(うまく調和?)。

 手頃な価格なので、タンブラーカクテル等には重宝されるのだろうし、邪魔をしない引き立て役としては使い勝手がよい。また、爽やかな柑橘の風味は、チューハイにつながるものかもしれない

 ロンドンドライジンではあるが、現在日本での販売品は韓国産である。ロンドン産でなくても、基準をクリアしていればロンドンと称しても良い。カルヴァドス等と違い、ジンは非常に寛容である。ロンドンジンのほとんどはロンドン産でない。

 ギルビー家に代々伝わる秘伝のレシピを引き継いでいると言うが、150年近くも全く変わらないと言うのは無理だ。韓国の前はフィリピンだったらしいし、その都度ボタニカルの入手先等も変わるだろう。これはほかのジンでも同じことだ。

 一般的なテイスティングは、豊かな柑橘系の香り、爽やかで清涼感あるスムースな味わいといったところか。あまり特徴のないジンではあるけれど、多様性が魅力のジン、こういった路線も必要だ。色々なアレンジに使っていきたい。

 焼酎(ホワイトリカー)で作る果実酒、ジンで作ると「コンパウンドジン」モドキになる。本来のコンパウンドジンは、ベーススピリッツにボタニカルを入れて再蒸溜しないで作る。市販のジンに浸けるところが「モドキ」。ギルビーは使える。

 

 

牛肉が食べたくなったら?「ビーフィーター ジン」

f:id:cymagin:20190303003755j:plain

 店の片隅で「ビーフィーターはね、ビーフ イーターで、牛肉を食べる人なんですよ。ラベルにもある近衛兵は、国王のパーティーで残った牛肉を貰える特権があったのでビーフィーターとも言われたんですね。

 これをキャラクターにした・・」とちょっと周りにも聞こえるように語る上司。さらに

 「このジンはね、今もロンドンで造っていることを誇りに思っているから、ラベルや瓶のあちこちにロンドンと書いてあるんだ・・・」うんちく、蘊蓄・・・。

 手頃なお値段で飲むことができる「スタンダードジン」として、スーパーでも定番商品となっている。ところが、ネットサーフィン(最近聞かない言葉だ)をしていたら、すごく面白いお話しを見つけた。抜粋+編集して紹介します。

  「ビーフィーターは初心者向けのジンではない。数あるジンの中でも特に辛口な味わいなんです。甘みが少なめでキレがあり、ジンの特徴であるジュニパーの香りも強めに感じます。↓

 ↓もちろんそれが「ジンらしい味わい」ってことになるわけなんですが、初心者がいきなり飲んで美味しいものか?と考えると、私にはどうも疑問が残ります。」コメントも辛口ですが、納得です。

 飲みやすいタンカレーとかボンベイサファイヤ、また、フレーバーなクラフトジンを知った後、久々ににこれを飲むとジンジンとくる。懐かしいというか、大人の味というか、基本かな。無くてはならないジンだ。

 公式のテイスティングは「切れ味鋭いクリーンな風味の中にも、ボタニカル類の絶妙なブレンドによって醸し出される豊かな香りと味わいが特徴です」。ホームページの見出しは「ブランドと伝統」

 

 

6人しか作り方を知らない?「タンカレー ロンドンドライジン」

f:id:cymagin:20190303001710j:plain

 製法やレシピは門外不出、世界で6人だけが知っている」。本にも、ネット販売の商品説明にも、ブログにも判で押したように書いてある。一子相伝でもない「6人」、この文章自体がミステリアスである。6人もいれば漏れるだろう

 門外不出と言いながら、製法やボタニカルの説明は結構出ている。蒸留はスピリッツ作成に3回、香り付けに1回の計4回。通常より多く、これにより洗練されたきれのある味が生み出される、とされているが、そんなに特別なのか?。

 ボタニカルは、ジュニパーベリー、コリアンダーシード、リコリス、アンジェリカルートを中心に20種以上。配合は企業秘密とされるが、ほかのジンでも大抵そうだろう。6人は、これ以外の、特別な何かを知っているのだろうか。

 確かに、タンカレーは何か特別である。スタンダードジンとして位置づけらながらも、プレミアムジンとも称される。タンカレーの場合、「他とは違うんだよ」という意味もあるのではないか。それでいて、価格は結構リーズナブル、ありがたい。

 公式HPでは、「洗練されたキレのある味わい」としか書いていない。ネットなどでは、華やかかつさわやか、それでいて濃厚、洗練された上品な味わいと言った表現が多い。非常に幅があるが、それだけ奥深いと言うことですかね

 ちなみに、コリアンダー、タイ語ではパクチー、日本では乾燥させたものをコリアンダー、生食に使う葉をパクチーと呼ぶことが多いという。リコリスはマメ科のスペインカンゾウ(甘草)で、園芸植物のヒガンバナ類のリコリスとは別物である。

 北欧には甘草の方のリコリスを使った、国民的な菓子(サルミアッキ)がある。見た目が真っ黒で、日本のテレビでは、もの凄くまずい「衝撃的な」菓子として話題になったりもしている。そのうちに、タンカレーの肴として・・・。

 

 

冬場のシメは「ボルス ジェネヴァ」のお湯割り

f:id:cymagin:20190302105157j:plain

 「ボルス ジェネバ」の項(こちら)で、これは焼酎、しかも芋とも書いた。と、言うことであれば「お湯割り」にせざるをえない。と、言ってもジンなので・・・と思っていたが、お湯で割っても(私の感覚は)ほぼ焼酎。しかも本格的に美味しい。

 どこのブログや説明書を見ても焼酎の話は出て来ない。私の味覚がおかしいのか?。大体、商品説明などは、コピペのコピペなので、本当に飲んで書いたのか疑わしい。ドライジンとは違う美味しさを味わって欲しいな。ゆっくり寝られます。

 

 

最高に美味い焼酎?「ボルス ジェネヴァ」

f:id:cymagin:20190302103732j:plain

 現在主流となっている(ロンドン)ドライジンの原型となっているのが、オランダの「ジュニエーブル(イェネーフル)」である。これを1689年にイギリス国王となったウイリアムⅢ世が持参?し、改良されたのがドライジンだとか。

 ジンの起源は、オランダ発祥のジュニパーベリーを使った薬用酒ジュニエーブルとされる。その他にも諸説あるらしいが、成功者の家系図はあまり詮索しない方が良い。爽やかな香りのこの酒は、次第にオランダの日常酒になっていったらしい。

 ネットや数冊の本からの情報しかない見ていないし、そのほとんどがコピペしたような内容なので、本当のところが良くわからない。以下、勝手読みして、適当につなげた文章なので、あまり信用しないで欲しい。

 本来(当初?)の製造方法は、麦芽多めのグレーンを混合、糖化発酵させ、できた醸造酒にジュニパーベリーなどを漬け込み、単式蒸留器で蒸留する。蒸留回数が1回なので、素材の特徴が強く出る。芋や麦焼酎の作り方に近い

 現在は「ジェネヴァ」と称され、1820頃にオリジナルレシピが作られた。カクテル黄金時代のアメリカで流行したが、その後ドライジンに座を明け渡す。オリジナルレシピを復刻したとされる「ボルス ジェネヴァ」、その製法はちょっと驚き↓

 ↓ライ麦、トウモロコシ等を連続式蒸溜器で1回、単式蒸溜器で2回蒸溜する。これにジュニパーベリー単独の蒸溜液と、アンジェリカ、ジンジャー等のボタニカル蒸溜液を加え、さらに秘伝の材料をブレンドする。

 かなりドライジンの要素を取り入れている。テイスティーは「ウイスキーのような芳醇な香りと、モルト風味の滑らかでありながら複雑で豊かな味わい」。封を切って嗅ぐ、知っている匂いだ。飲んでみた、芋焼酎だよこれ(たぶん高級な)。

 

 

雑誌「Whisky Galore(ガロア)」大特集 世界のジンが大集合

f:id:cymagin:20190301222547j:plain 隔月発行のウイスキーの専門誌にジン特集が掲載された。ウイスキー屋にとっては格下?のジン、ですが、自由発想の中、潮流はジン。同じ蒸留機で作るという共通項から取り上げざるを得なくなったか。感謝ですね。面白いですよ。

 日本を含む127銘柄の紹介は、ネットでは見ることができない「ありがたい情報」。いくつかの日本の蒸留所の紹介やニッカカフェジンの記事は面白かった。ただ、GIN Q&Aはちょっと~、質問が詳しすぎる。編集部がんばれ。

 

 

 

 

【(写真の)ミ二 カトレア】Gcy. Kyoguchi 'Nishimino'  グアリサイクリア キョーグチ ‘ニシミノ’

ビターでドライ、俺「キングスバリー ビクトリアンバット ジン」

f:id:cymagin:20190301104012j:plain

 タンカレーから脱却しよう(マスターなんか無い?)とした私に、勧めてくれたのがこれ。ただ、いつも酔っぱらっているので(何回か繰り返したかも)、次に行った時に名前を思い出せない。あのジュニパーが多くて、どっしりとした瓶。

 このジンの売りは、樽貯蔵されていることと、他のジンの2倍以上のジュニパーを使っていること。ビクトリアンバットのVATは「大樽」の意味であるが、VATには付加価値税という意味もある。酒に税は付きものだ

 ジンはジュニパーベリーが必ず風味付けとして使われている(ジンの数少ない条件)。セイヨウネズと言うくらいで、日本人には馴染みが無い。ヨーロッパやカナダなどが産地として知られており、ジュニパーベリーには150種類以上があると言う。

 ベリーと言ってもイチゴなどとは別物で、針葉樹の球果。マツボックリを小さくしたような実。ジュニパー、フランス語ではジュニエーヴル、これがオランダからロンドンに渡るにつれ「ジン」と略されたらしい。酔っぱらいには短い方が良い。

 ジンの起源は諸説あるようだが、要は薬用酒、利尿効果等のあるジュニパーベリーを漬け込んで蒸溜したもの。だからジュニパーベリーの使用がジンの定義となるわけだが、その爽やかな味と香りが受け入れられたからでもある。健康と快楽!

 ジュニパーベリーは、アロマオイルやハーブティー等にも使わる。近年、日本のクラフトジンが盛況であるが、焼酎メーカーの参入が多い。焼酎の基をスピリッツとし、ジュニパーベリーで風味をつければ、基本的にはジンとなる。

 オフィシャルなテイスティングが見つからない。商品説明やブログなどでも、ジュニパーの香りが強い、柑橘風味が控えめと言ったところで、詳しい説明は探せない。私なりに、「ビターでドライ」良い響きです。普通に(すごく)美味しい。

 

【(写真の)ミニ カトレア】Lc. Sakura Poem  レリオカトレア サクラ ポエム

オーロラの下で飲みたい「キュロ ナプエ フィンランド ジン」

f:id:cymagin:20190301103723j:plain

 久しぶりの東京八重洲地下街、煎餅屋「喜八堂」に寄り、更に奥奥の「リカーズハセガワ本店」を目指す。ウイスキーなどの輸入洋酒が天井近くまでびっしりと並んでいる。100~150円で試飲もできる。さすが東京、ジンマ聖地のひとつ。

 特設されていたのがキュロ社のナプエと、樽で熟成させたコスクエ。コスクエを試飲した。正直微妙、何と説明しよいものやら・・・酸っぱい枯れ草?。何か買わなくてはと思い、なぜかナプエを抱えて新幹線に乗った。試飲の意味がない!

 2014年、当地の素材をキーボタニカルとして作られた、ライ麦ベースの北欧ジン。ナプエは蒸留所近くの村の名前、このジンを作り出した若者達の地元に対するこだわりが感じられる。地域起こしだ

 地元のボタニカルとして、生のセイヨウナツユキソウ、パーチの葉、シーバックソーン等が使われているとのこと。他にも、クランベリー、キャラウエイなど、北欧ならではの詰め合わせセットである。これがライ麦のスピリッツに加算される。

 セイヨウナツユキソウ(メドースイート)は、バラ科シモツケソウ属の多年草で、花、葉、根から甘い香りを発し、乾燥した葉は、含まれるクマリンにより干草特有の香りがあるという。最初に感じた匂いはこれか?

 バーチは、カバ(樺)ノキ、カンバなどとも呼ばれる北国の樹種、葉はサウナで使われるらしく、アーシー(earthy)と表現される土臭さがある。シーバックソーンは、グミ科ヒッポファエ属の総称で日本には野生しない。↓

 ↓馴染みがないが、「サジー」あるいは「シーベリー」と聞けばご存じの方も多かろう。ビタミンC等が豊富な健康食品として、ネットで検索すると山のように出てくる。一度植えてみたことがあるが、びろびろ伸びるし、強烈に酸っぱい。

 公式HPのテイスティングノートは翻訳が悪いのかちょっと意味不明だ。勝手に「ボタニカルの甘さと柑橘系の味わい、ライ麦のスパイシーな刺激を感じる濃厚なジン」と解釈した。初見(味)は微妙であったが、味わうほどにクセになる。

 

 

アゲハチョウが寄ってくる「季の美 京都ドライジン」

f:id:cymagin:20190301095744j:plain

 日本初、ジン専門の京都蒸溜所がつくるクラフトジン。メーカーのHPは綺麗で説明も丁寧、サポーターのブログ、酒屋のコメントも事細かに書かれている。呑む前から期待は大きくふくらむ。詳しくはそちらを。

 日本のクラフトジンは、大手や中堅メーカー、さらに焼酎メーカーなど、それなりの蒸留技術を持ったところが多い。その中で、しかも最初にクラフトジンを作ったのがジン専門と言うところが面白い。

 クラフトなメーカーの中には、ウイスキーが目的なのに、長期の樽貯蔵が必要なため、同じ蒸留装置でできるジンを即戦力として提供している所もある。これが駄目という訳ではないが、ジン専門というのはそれなりの覚悟・美学が必要と言うことか。

 公式テイスト「京都の山々の神聖な空気のような透明感。瑞々しい柚子のアロマ、そして山椒が竹林に漂う霧のように降り注ぎます。ジュニパーが和のフレーバーにうまく溶け込みフィニッシュにかけてジンジャーのスパイスが顔を出す」すごい。

 開封時には山椒の香りをあまり感じなかったが、呑むにつれて効いてくる。舌にピリッと来る。私にはちょっときつい。「自分にとってこのジンの美味しい飲み方を探る」というのもジンの楽しみ。山椒+炭酸は劇!、刺激が欲しい時に。

 私にとって、この時期(冬)の最高の飲み方を見つけた。やや熱めのお湯で割り、そして、冷めていく過程が楽しい。柑橘、玉露等の微妙な風味を味わうことができそう。山椒のきつさもほどほどになる。最後のぬる燗もなかなか乙。湯冷め呑み

 アオスジアゲハ(幼虫)の主な食草はクスノキ、キアゲハはニンジンやセリ、そしてポピュラーなナミアゲハは柑橘類や山椒である。柑橘と山椒、見た目はかなり違うが、山椒はミカン科。アゲハもジン屋もわかっていらっしゃる