ジンを楽しみ ジンで遊ぶ

生活・食事の中にジンもいかがですか。国内外のジンを紹介するとともにジンで色々遊んでいます。

【づけジン】 あぶさん! ぷふぁー よもぎの「プリマス ジン」漬け

f:id:cymagin:20190523210630j:plain

 酒好きにとって、よもぎ(蓬)と言えばアブサン。「電気ブラン」と並んで、やばい、それでいて恐いもの見たさの「憧れ」の秘酒。そして、水島新司の野球漫画「あぶさん」、バットに酒を吹きかける景浦安武(あぶ)、かっこよかった-~。

 海外でも、危険な酒として裏街道を歩む。ピカソやゴーギャンら芸術家を魅了した酒として知られるが、ゴッホの奇行の原因ともされた。一説に、主原料のニガヨモギに含まれるジヨンの中毒症状と言われた。国によっては禁止されたこともある。

 ジヨンの疑いは見直され、ゴッホは、安くて、(アルコールが)強くて、美味い「アブサン」によるアル中らしい。ヨモギ15g、プリマスジン150mlで漬けて見た。緑色の瓶と言うことで、プリマス。キリッとした感じの相性も期待。

 半日冷蔵庫で寝かして、飲む。ほのかな甘み、、ちょっとスッとする青臭い香り、久しく「アブサン」を飲んでいないので比較できないが、実にクセになりそうな逸品である。作り置きして、近いうちに「アブサン」と飲み比べてみたい。

 ニガヨモギは日本に自生していない。日本のヨモギとはだいぶ風味も異なるらしい。しかし、日本のヨモギも色々な場面で活躍している。草餅やお灸のモグサ薬草などとして。また、ヨモギのリキュール「和ぶさん」も商品化されている。

 ヨモギも今のうちである。そろそろアブラムシが付いてきたし、泡吹虫や葉巻虫も棲みつく。ちょっと多めに作り置きをしておこう。実は、ヨモギの花粉症である。ヨモギジンを飲むことで花粉症が軽減されないか!と期待しているのですが。