ジンを楽しみ ジンで遊ぶ

ジン(酒)そのものを味わっています。国内外のジンを紹介するとともにジンで色々遊んでいます。

「瀬戸内ジン」 オール瀬戸内海

f:id:cymagin:20210124205848j:plain 岡山の宮下酒造で造られる焼酎ベースのクラフトジン。宮下酒造「クラフトジン岡山」、多彩な日本酒、焼酎(米、麦)、ビール、さらにはウイスキーやウオッカなども送り出している。「匠バーテンダー家飲みカクテルシリーズ」なんてのもある。

 このジン、瀬戸内海(The Inland Sea)にこだわり、岡山のパクチーとブドウ、徳島の柚子、愛媛のレモンを基本のボタニカルとし、徳島の昆布、岡山のお茶とクロモジ、広島の山椒がサポートする。使われる水も岡山の「伏流水」を地下深くから汲み上げている、とか。

 個人的には、瀬戸内海に縁が無く、「ヘソないかい、へ~そうなんかい」なんて面白がっていたレベル(すいません)。瀬戸内海、ひとつの圏域として「心情的な」つながりがあるのだろう。海賊(村上水軍)のつながり?。

f:id:cymagin:20210124205927j:plain 呑んでみる。焼酎系のジンとしては、多くのボタニカルが総合的に調和している。焼酎が「出しゃばる」ことも無く、柑橘の爽やかさやほんのりとした甘さも心地良い。これは「焼酎で無く、ジンです」と、言える品。難を言えば、一見ラベルがちょっと安っぽいことと、加水(炭酸でも)すると、かなり白濁すること。

 日本のクラフトジンを飲むようになって、それぞれの土地のミニ情報を楽しんでいます。瀬戸内海には700以上の島があるとか・・・。瀬戸内、まだまだ特産品が多いので、今後が楽しみです。オリーブなんてのは?。

 

「ズイダム オードジェネヴァ 5年」 これジェネヴァ?

 f:id:cymagin:20210122210429j:plain ジェネヴァ系のジンについては、下記を参照して頂くとして、ズイダム社(オランダ)のオードジェネヴァには、1年、3年、5年がある。5年には別に「コーレンヴィン(樽熟成)」があり、ボトルのリボンが青色だが、このジンは赤色

 このジンは樽貯蔵していない?のに結構な褐色ズイダムの蒸留所は色素などは一切添加していないことが売りなので、この色はどこから出てきたものなのか?。モルト(ベーススピリッツ)の原料は、大麦麦芽、ライ麦、トウモロコシが1:1:1。

 ドライジンとかクラフトジンを呑んでいると、時にジェネヴァが飲みたくなる。焼酎臭くて、冬のお湯割りは最高だ。この冬、結構厳し寒さなので、いよいよジェネヴァの登場!、となったのですが・・・。

f:id:cymagin:20210122210502j:plain 焼酎感がまったく無いジェネヴァ系に分類されているが、これまで飲んだジェネヴァ(ボルス、ノールズとか)とは雰囲気が全く違う、泥臭さが無く都会的。ジェネヴァとしては???だが、不味くは無く美味しい。

 ボタニカルの全体像がイマイチわからないのですが、バニラとかハチミツとか、そんな甘~い雰囲気、お湯割りにすると、ハチミツ感が優しく、すごく和む、癒やしの世界。でも、私が想う「ジェネヴァ ジン」じゃ無い

 

「ブルーボトル ジン」 名前の由来に驚愕、感銘

f:id:cymagin:20210120202856j:plain 英仏海峡のチャンネル諸島に位置する「ガーンジー島」で生産されている。人口は6万5千人位であるが、その立ち位置には驚かされる。フランスのすぐ沖合にあるものの、イギリス王室属領(君主はイギリス女王)である。イギリス(連合王国)に属さず、独自の議会と政府を持つ。

 ただし、外交や国防はイギリス政府に委任しており、主権国家ではない。イギリスでないため、EUにも属していなかったので、「離脱」も関係ない。チャンネル諸島の島々、それぞれに旗や紋章があったりで興味深いのだが・・・、このジンにもビックリする逸話がある

 このジンの立ち上げに関わった「マット氏」、ケンブリッジ大学でハエを研究していたという経歴を持つ。ハエにもいっぱい種類があるが、マット氏の研究対象は、ルーボトルblue bottle fly)と称されるクロバエの仲間キンバエに近く、日本には5種が居るとか。瓶が青いから、では無く・・・の名付け。

 このハエを顕微鏡で見たときの美しさに感銘し、ジン作りにおいても隠された美を探求していきたいと、ラベルと名前に現した。実は私、虫に関わる仕事をしているので、このジンに出会えたことに、エラく感銘している。害虫と称される虫でも、顕微鏡で見ると、実に美しい(個人的な感想)。

f:id:cymagin:20210120202936j:plain 飲んでみる(常温ストレート)。フルボディーで、どっしりとしたドライジン、その中に上品な甘さ、酸味、辛み、特級のクラフト・ドライジンだ。キーボタニカルは「ハリエニシダ」の花で、濃厚なバターの様な香りがある。

 他にも、ナツメグやクベバパッパー(ヒッチョウカ、ジャワ長胡椒)など、その総合力に「美」に通じる。ハエは入っていません。また、加水すると、意外に面白い。青臭くて、酸味があって、ややスカンポのような味変、これもなかなかです。虫もジンも面白い

 

【合せジン】ハブ酒「うるま」にジンを合わせる

f:id:cymagin:20210118183622j:plain 属している「蘭の会」の方から「ハブ酒」を頂いた。折角なので、これを「ジン」と結びつけて見た(強引に)。ハブ酒は、名前のとおり、毒蛇ハブを酒(ラム?)に漬け込んだものであり、ハブ本体がとぐろを巻いて入っているものもある。頂いたものには入っていない(良かった)。alc.21%

 若干生臭いが、調整されているのか、それなりに飲める。ネットでは、コーラで割りレモンを絞った「ガンガラー」や、シークワーサーを絞って砂糖を入れた「ウージ畑」などのカクテルが紹介されている。ジンと絡めたカクテルは見当たらない。

 「2種のグレープフルーツとハーブのクラフトジンカクテル」と合わせてみた。柑橘の爽やかさが加わって意外と飲みやすい。気がついたら、完飲!、ハブに飲み込まれた・・・。ハブとハーブの共演です。

「2種のグレープフルーツとハーブのクラフトジンカクテル」 養命酒のカクテルジン

f:id:cymagin:20210117205355j:plain これ、ローソンで買いました。地方都市の小さなローソンの小さな棚に、これが並ぶとは・・・。養命酒酒造のクラフトジン「香の森」をベースにして造られた「カクテルジン」です。最近、コンビニに日本のクラフトジンが並ぶようになって・・・、さらにジンのカクテルも。

 「香の森」、私が感ずるに、結構クセが強い(好き嫌いがあるタイプ)。このカクテルのアルコールは22度、レッドとホワイトの2種のグレープフルーツと柚子を使用、「香の森」のクロモジ、ローズマリーなどの香りと混ざる。

 飲んでみると、結構(砂糖)甘い、ちょっとベタつくレベル。風味も結構マニアックだ。炭酸で3倍くらいにし、薄くなったアルコールを「香の森」で補う。それでもドライ好きな私では、なかなかポイントが上がらない。

 養命酒、かなり攻めている。ローソンも?

 

「マーティン ミラーズ ジン」 水の味がわかるジン

f:id:cymagin:20210116195537j:plain マーティン ミラー氏、一家言ある「ジンこだわり」の人間だった、らしい。そのミラー氏世の中のジンは物足りない!、自分で納得できるジンを作る!、と立ち上がり、出来上がったのがこのジン(1999頃)。自分の名前がついた理想のジン、最高でしょうね。

 それぞれのジンには、それぞれのストーリー。このジン、基本はイングランドですが、→ 蒸留後の割水を求めてアイスランドに送られ、完成される。ラベルにも両国が描かれている。水でどのくらい変わるのか?、比較できないのでわからないけれど、こだわりのミラー氏なのだから・・・。

f:id:cymagin:20210116195608j:plain 飲みます。優しい甘さのある素直なジン。レモン、オレンジ、ライムの爽やかな柑橘系がベースを作り、乾いたハーブ感が漂ってくる。そして、なんと「美味しい水」を感じることができるのです。純水系の水とシトラス、すがすがしさ?、多くの賞を取ったのもうなずける。

 このジンも、常温(室温)ストレートがお薦めです。ジンに含まれる水の美味しさは、ストレートでないとわからない。氷河と針葉樹のあるアイスランドの湧き水、そのまま飲んでも美味しいのでしょう。ミラーさんありがとう。

 

「サンローラン ジン」 蛸入道!常温ストレートの逸品

f:id:cymagin:20210113195207j:plain ジンをやっていると、時々、こういう楽しい物に出会う。① まずは、名前のサンローラン、関係ないと思うけれど、ブランド名だ。② カナダの(クラフト)ジンは結構個性的、これも?。③ ラベルも奇抜だけれど、洗練されている。こう言うジンは、封を切るのがもったいない。

 ケベック(カナダの大西洋側)の蒸留所で造られている。世界中から集められたボタニカルを込めて蒸留したあと、近くのセントローレンス川で採れた天然の昆布を漬けこんている。ジンの色が薄黄緑色なのはこの昆布(別名:デビルズ エプロン)に由来する。説明書きには、「うっすら塩の印象」ともある。

f:id:cymagin:20210113195246j:plain あらためて、このラベルの絵は「キテレツ」だ。潜水具を被ったタコ?、人姿のような植物なども描かれている。ラベルには色々な情報が、北緯48゜とあるが、札幌と同緯度。Laminaria は昆布の学名。眺めていないで呑みましょう。

 なんとなくトロ~とした舌ざわり、確かに、昆布と塩感。どぎつさは無く、優しい甘みと心地良い辛さ、薬味感もあり、これまでに味わったことの無い不思議な世界。塩で甘みが引き立つ?。絶対、常温ストレートの絶品!。美味しいです。

f:id:cymagin:20210113195335j:plain カナダのジン、侮れません。エンブレム1908、ハンセン ディスティラリー トラブルなど、楽しませてもらっています。

 

「ロンドン ヒル ドライジン」 ニュー クラシック

f:id:cymagin:20210109204203j:plain この数年のクラフトジンブームの中、その寛容性が故に多様なジンが生まれている。ジュニパーベリーが入っていることだけがジンの条件で良いのか?。とも思いつつ、この多様性を楽しむことができるのもジンならではある。おかげでブログを書けています。

 目隠しされて出されたら、ジンとはわからない銘柄も多い。ウイスキーか?、日本酒か?、ブランデーか?、ワインか?、その酒類(種類)を間違うことは無いだろうが、(クラフト)ジンは、ジン通でも無理。何の種類かわからない時、「ジンです」と答えた方が正解率が高いかも。

 そんな中で、「ジン」を繋ぎ止めているのは、旧来からの「ロンドン ドライジン」かと思う。私が「タンカレー」や「ボンベイサファイア」などから、「ジン好き」になったからか・・・。そんな、オーソドックスなドライジンの銘柄を探すのもジンの楽しみでもある。

f:id:cymagin:20210109204235j:plain これまでも、メジャーからマイナー(サウスバンク、イーストロンドンなど)まで、いくつかを飲んできた。このロンドンヒルは、味重視の比較的手に入れやすい位置づけか。歴史は古く、ビーフィーターなど「スタンダートジン」と言われる面々と同世代。

 それでも、近年、品質の高さを示す賞に連続して輝いたり、「スタンダードジン」とも「クラフトジン」とも違った評価を得ている。飲んでみても、基本的なドライジンではあるものの、何か新鮮さを感じる。透明感かな?、甘みのあるスッキリ感は、今時の風味かとも思う。

【づけジン】 「タガメ ジン もどき」 絶滅危惧「酒」

f:id:cymagin:20210107200839j:plain 「タガメ」、水生(水棲)の昆虫で、日本では絶滅危惧種に指定されている。まさか!なのだが、世の中に「タガメ ジン」なるものが存在する。しかも、日本。詳細(かなり詳しく書いている)は下記を参照されたい、が、限定305本限定なので、手に入れることは無理。

 と言うことで、自作してみた。正規「タガメ ジン」でも使われている「タイワンタガメ」、現地で食用されており、通販でも入手できる。写真のように、2匹の乾燥タガメが届いた。これに、150mlのウイルキンソンジンを入れて、室温で2日置いた。

f:id:cymagin:20210107200920j:plain
 タガメのエキスを吸った薄い茶褐色の液体、だが特段の香りはない。飲んでみても、やや酸味を感じるものの、刺激も無く、美味しくも無い。正規品では、「試作を重ねてタガメの最適な処理方法を開発」、フルーティーな香りともあるので、今回は茶番でした。

 異国に来て、ジンに浸けられ、美味しくなかったと言われた「タイワンタガメ」、今更食べる気にもならないので、雪が溶けたら、庭に墓を作って「虫供養」します。ありがとう。でも、正規品の「タガメ ジン」どんな味がするのだろう?。

「ジン(JIN)7 No.00」 初夢は、七福ジン

f:id:cymagin:20210105185955j:plain 「初夢」見ましたか?。「一富士、二鷹、三茄子」や、縁起が良いと言われている。何としても願いを叶えたいと ・・・・ 七福神が乗った宝船の絵を枕の下に入れたり、気合いが違う。都市伝説:「七福ジン(ジン7)」を飲むと、叶う(かも)。

 鹿児島指宿「大山甚七商店」、甕芋焼酎の老舗で、このジンのベーススピリッツも、当然こだわりの焼酎。ボタニカルの種類は不明なところもあるが、「開聞山麓香料園」のハーブ、「芳樟(ほうしょう)」を使用とある。これについては、下記「「パフューム  ジン」かほり三姉妹 香.薫.芳」に紹介しているので参照されたい。

また、柑橘系は指宿産の「木頭柚子」をふんだんに使用、とある。これ以外のボタニカルは??だが、ボトルの下の白いぶら下がりには、ジュニパーベリー28%、シトラス40%、ハーブ1 13%、ハーブ2 13%、スピーシーズ(種子類?)6%とある。添えられている絵は、唐辛子類やミント類か?。

f:id:cymagin:20210105190030j:plain 常温ストレートで飲んだ印象は、「辛口の焼酎」キリッとした風味の後に、芋焼酎独特のほんのりとした甘さが通り過ぎていく。柑橘感も締まっていて、全体的にしっかりとした造りになっている。焼酎系ジンとしては私好み

 と言うことで、美味しく飲み過ぎて寝た。沢山の夢を見た記憶はあるのだが、起きた途端に忘れてしまった。きっと富士や鷹や茄子やが出てきたと思うのだが・・・・。なぜGINでなくJIN?、JIN7の7は?、簡単でした。甚七商店だから。

「赤鳥居 オリジナルジン」 【ジン好き】を代表してお賽銭

f:id:cymagin:20210101074153j:plain 佐賀県鹿島市のクラフトジン、①オリジナル(ボタニカル5種類)と、②プレミアム(同11種類:写真奥)があるが、今回は①のオリジナル。ジュニパーベリー、レモンピール、オレンジピール、杉の皮、日本茶(佐賀の嬉野茶)の5種類、シンプルだが、個性的な組み合わせ。楽しみ

「赤鳥居」、鹿島市の日本三大稲荷の一つ「祐徳稲荷神社の大鳥居、老朽化により残念ながら解体されているが、町のシンボルとして親しまれてきたとのこと。その、面影を溶かし込んだジン、今年はこの神(ジン)社にお賽銭を入れて、「今後のジン発展」を願いましょう。

f:id:cymagin:20210101074228j:plain  「三大○○」というのはいっぱいある、が、だいたい1番目と2番目は確定している。「三大流し踊り」は阿波踊り、郡上おどりで、青森では「黒石よされ」が三大流しのひとつだ。三大稲荷の1、2は、伏見と笠間で、祐徳稲荷は3番目として結構ランクが高い。

 飲んでみる。日本のクラフトジンの中では常識的、素直で飲みやすく、「八百万の神(やおよろずのかみ)」的な、万民に受け入れられ易い味わいだ。私、過度な神頼みはしませんが、神様と一緒に飲みたい・・・かな。

f:id:cymagin:20210101074346j:plain 鳥居と言えば、青森津軽の鳥居には、鬼が乗っている形状のものがあって、鬼滅の刃ブームの中で注目されているらしい。津軽では共存していたのですよ、鬼と、鬼嫁と。

「サイレント プール ジン」 静かな年末年始の相棒

f:id:cymagin:20201230204043j:plain なんとも「お洒落な」ボトル。ロンドンの郊外、イギリスで最も美しいとされる田園地帯に広がる「サイレントプール湖」の湖畔に位置する蒸留所で造られている(とのこと)。名前も、ボトルの青(エメラルドグリーン)も、この湖に由来する。

f:id:cymagin:20201230204159j:plain 使用する水も湖から。石灰層を通って湧き出す水は、青く透き通る。この「軟水」が口当たりがまろやかで優しいジンの基となっている。ボタニカルは24種類、これらをそれぞれに適切な方法で抽出し、合わせることで複雑な風味を造り出している。

 常温ストレートで口に含む。alc.43%だが、それを感じさせない「まろやかさ」。心地良い甘さとシトラス感、多くのボタニカルが調和し、気品があり、非常に完成度の高い逸品に仕上がっている。心が落ち着く美味しさです。

f:id:cymagin:20201230204235j:plain 炭酸割りは、この柔らかさを壊してしまうし、トニックの甘さも入れたくない。薄めるとしたら、常温のミネラルウオーター(できれば軟水)。バーテンダーの方は、どう使いこなすのかな?。この年末年始、サイレントに過ごす良き「相棒」に出会えました。

 青森県の白神には「青池」という小さな湖沼があります。神秘に青く、その様は正に「サイレントプール」です。よろしければ、白神、青池でググって見てください。

 

 

「フェルディナンズ ザール ドライジン」 (温度変)呑み

f:id:cymagin:20201227212401j:plain ドイツの名門クラフトジン。小麦ベースに、カリンやモモなど33種類のボタニカルを使っている。小麦にしても、ボタニカルにしても様々なこだわりがあるようだが、ここでは割愛。特筆は、なんだかんだやった後に「ワイン」を添加していること。

 ジンにとっての 「添加」の是非について、私は評価しません(ジンであれば良い)。このジン、実に丁寧に造られいると思う。小麦のスピリッツベースの造りから醸造法まで、緻密だし、この包み紙やコルク栓など、パフォーマンスも素晴らしい。

 コルクを抜いた後の「ガラス栓」も別売りで用意されている。はっきりしないが270円?くらいだったか。包み紙から替え栓まで、呑むまでの行程が楽しみ。実は、このジン、1年以上前に新宿「信濃屋」で求めたもの。コロナの前の新宿・・・、肩触れあっていました。

f:id:cymagin:20201227212459j:plain 常温のストレート、すごく上品で美味しい。多種類ボタニカルの複雑さに加え、ワインの甘さも悪くはない。このジン、逸品の部類。一方、ロックや冷炭酸割りにすると、ちょと苦味を感じるし、甘さも無く淡泊。他方、お湯割りにすると、かなり薬酒感が強くなる(これはこれで好きです)。この温度変化カクテル、おもしろいかも。

f:id:cymagin:20201227212659j:plain

 

 

「HINATA(ひなた) ジン」 日向、なんて読む?

f:id:cymagin:20201223192301j:plain 宮崎「京屋酒造」のクラフトジン第2弾。今回は90mlのミニボトル。ちびちびと飲むしかない。メインボタニカルは、いずれも宮崎産の柑橘、「日向夏」、「ヘベス」、「キンカン」。そのほか、山椒、ピーマン、八角、生姜、黒ごまなど15種類と言うことで、焼酎ベース、多種ボタニカル系のクラフトジンである。

ミニボトルなので、ブログの文字数もミニにしました。画家「入江真理子」さん(宮崎県出身)のデザインによる華やかなボトル、入江さんのHPは http://marikoworks.com/ 。宮崎は日向国、「日向」は「ひゅうが」とも「ひなた」とも読む。HINATAジンです。かつては「ひむか」とも読んだ。京屋酒造の第3弾は「HIMUKA ジン」か?

f:id:cymagin:20201223192408j:plain 舐める様に呑む。47度なのだが、甘さもあるからか、あまり強さを感じない。柑橘も感じるが、そんなに強烈ではない。多種ボタニカルの複雑な風味、当然のことながら個々のボタニカルを識別することはできない。美味しい、柑橘香る「薬酒」といったイメージ。もう無くなる、フルボトルを注文しよう。

「ジン マーレ」 箱根駅伝秘話

f:id:cymagin:20201219202820j:plain 多様なクラフトジン、この変異も面白いが、あまりにも広がりすぎて時に原点に戻りたくなる。安心感を求めるのも人間の性(さが)でしょうか。このジン、落ち着きます。スペインのジンは結構クセ(大好き)があるが、このジンはシトラス感のある「癒やし系」の一品。

 日本のHPもあり、そのキャッチコピーは「地中海生まれの神のジン」。ボトルにも「MEDITERRANEAN(地中海)GIN」の記載がある。通販などの説明もそれなりで、情報の多いジンだ。ここでの説明は簡単に・・・。

 スペインの小さな漁村の、かつては礼拝堂であった蒸留所などで造られたジンマレー。スペインのボタニカルを多用しているのも特徴で、最たるものは「オリーブ」(ボトルの図柄も)、私の舌で、オリーブを識別できるわけではないが、総合的な穏やかさ(癒やし)につながっているのではないか?。

f:id:cymagin:20201219202905j:plain ボトルの底が青く波打っていたり(地中海の波?)、キャップが格好良く大きいのだけれど開けやすくするための?ギザギザがあったり、凝った造りにもクラフト感を感じる。味もボトルも洗練されてる。

 「神のジン」と書いているとき、なにか妙に引っかかっていた。やっとわかりました。箱根駅伝の第5区の山登り、これまでに3人の山の神がいる、順天堂大の今井正人、東洋大学の柏原竜二、そして、青山学院大の神野大地さんです。ジン野大地さんです。