ジンを楽しみ ジンで遊ぶ

ジン(酒)そのものを味わっています。国内外のジンを紹介するとともにジンで色々遊んでいます。

「虎ノ門 カカオ ジン」 紛争地復興のために

 今年の正月、「虎ノ門蒸留所 COMMON ジン」を紹介した(下記)。そこでも話題にしたが、虎ノ門蒸留所は、多くの派生ジンを提供していている。カモミール、ラベンダー、みかんの花、金木犀などがあるが、この「カカオ」は限定品のクラフトジンだ。

 ボタニカルとして使用しているカカオ「カカオニブ トゥマコ」。南米コロンビア、50年にわたって内戦が続いていたが2017年に終結を宣言した。紛争の中心地であった港町「トゥマコ」は、カカオの生産地でもあり、実に多様な品種が作られている。

 そんな多様なカカオを日本でハンティングしているのが小方真弓氏で、「トゥマコ」もそこから提供されている。さらに、オレンジやレモンのピール、数種のスパイスやジンジャーを微妙に?加えて造られたのが、このジン。

  alc.53%でもあり、ストレートはちょっときつくて味がわからない。炭酸で割ったら、真っ白になった。カカオの油成分に起因しているの。チョコレート風味ではないが、後味が「カカオニブ」。次回のブログは、カカオニブの【づけジン】です。

 このカカオジンは限定品なので、手に入らないかも。虎ノ門蒸留所の色々なジンをお楽しみください。

「ローンウルフ ガンパウダー ジン」 たるんだ日の一杯、気合いを入れる

   オリジナル「ローンウルフ ジン」(下記)をベースに、四川胡椒、黒胡椒など、オリエンタル風味を加えた16種類のボタニカルで造られている。ラベルも黒になり、ウルフもなかなかの迫力だ。実は、中身も相当にウルフです

  「ガンパウダー」、かつての航海時代、船倉内の火薬がジンで濡れても着火するくらいalc.濃度が高いことから名付けられた。とあるが、ちょっと意味不明。別の解説が「ドラムシャンボ ガンパウダー アイリッシュ」にある(下記)。真偽の程がわからないので、これ以上は追求しない。 

  飲んでみるalc.57%とと言うこともあり、ビリッと来るが、心地よい甘さとしっかりとしたボタニカル構成がずっしりうまい。柑橘感もキレキレで、まさにウルフです。もやもやっとしている時、ロックで一杯、スカッとします。炭酸で割ると若干白濁する。

  とにかく「濃厚」です。ジン、普段は炭酸か加水で味わっているが、久しぶりにジントニックにしてみた。ウルフです。味が崩れない、マスターなら、もっと美味しいカクテルを作ってくれそう、このボトルを持って飲みに行こうかな。これ絶品ですよ。

【 外ジン(ジン以外のお酒)】 日本酒「鴻巣御殿」 徳川だよ!

 埼玉県鴻巣市、私ごとですが小6~高2までいました。その時、「鴻巣御殿」なんて知らなかったし、話題にもあがらなかった。今回、その名を付した日本酒をその地の方から頂いた。お礼を兼ねて紹介します。

 「鴻巣御殿」、かなり、相当な、すごい、歴史がある。徳川家康の鷹狩りの拠点として1593年に造られ、秀忠、家光も、毎年のように鴻巣を訪れてていたという記録がある。1691年に東照宮として祀られ、現在に至り、改めてその価値が見直されていると言う。一番小さい「東照宮」らしい。

 その名を付した日本酒。純米酒と純米吟醸酒です。大吟醸のフルーティー感も、さっぱりした水の如し、、、でもありません。独特の辛口で、日本酒としては私好みです、特に純米酒。日本酒やジンを契機に、歴史をよみがえらせたり、発掘する、そんなきっかけになれば良いです。

「のとジン(能登ジン)」 若い人向け?

 クラウドファッディングで入手した「石川県能登」のクラフトジン。10年後、奥能登に蒸留所を建設することを目標に、その手始めとして造ったジンとか。ここでストーリー展開をするより、発起人の熱い想いを感じて頂いた方が良いだろう(下記)。

 ボタニカルは、ジュニパーベリー、コリアンダーなどオーソドックスなものに加え、能登の柚子、榧(かや)、クロモジ、ローリエ(月桂樹)、藻塩を使ってる。は東北南部が北限の常緑樹で、実(み)は焙煎すると芳ばしく、和製アーモンドとも言われる。

 100mlボトルなので、ちびちびと飲む。しっかりとした柑橘感と、ジンらしい「苦み走った」大人感もあるが、結構甘い。レモネードのような感じ。どの様に表現したら良いか・・・、悩み悩み悩み・・・舐めているうちに無くなった。100mlでは書くエネルギー不足でした。

 ラベルにはNOTO GIN(のとジン)とあるが、ちょっと区切りを変えるとNOT OGIN(オジン 駄目)となる。若い人に飲んでもらいたいという製造者の隠れた意思か?。10年後、若い人にも飲んでもらえる価格設定で美味しいジンを期待しています。

【づけジン】 ほうじ茶を浸ける 茶番でした

  直近のブログで「コマサジン ほうじ茶」を紹介しました。その末尾で、ほうじ茶を飲みたくなった・・・としましたが、その前に【づけジン】です。あらためて、【づけじん】とは、長期間浸けるのでは無く、半日~1日、長くても2、3日です。

 ドーバージン150mlに、ティーバック包と包。室温で半日置いたのですが、すごい色になった。それなりの芳ばしい味わいではあるものの、3包の方は相当に渋い。ティーバック自体、長時間浸けるものでは無いので、当然です。炭酸で薄めて何とか飲みました。残さない。

 「番茶」は成長して硬くなった葉を使い、製法により緑色や茶色のもある庶民的なお茶です。「ほうじ茶」は茶葉を強火で焙じたもので、高級ほうじ茶もある。「茶番」はお茶くみレベルの役者が演じる下手な演技で、見え透いているという意味になったらしい。今回の【づけジン】、見え透いていました。

「コマサジン ほうじ茶」 和菓子を用意してください

  「コマサジン」については、【「KOMASA GIN」 日本の柑橘系ジンはこれ】(下記)を見ていただきたいが、コマサにはユニークで遊び心のある 「きょうだい」が2人いる(今のところ)。1人は「苺」で、すでに紹介とおり賞賛に値するジンだ(下記)。

 もう1人が「ほうじ茶」。このジンのラベルも凝っていて、緑色の茶葉と「焙じた」茶葉が踊っている。ボタニカルの全容はわからないが、ジュニパーベリー、ほうじ茶のほかに「ヒノキ」が使われている。ほうじ茶の香ばしさが余韻となる頃、ヒノキが落ち着かせてくれる(とある)。

 「和」です。相当に「ほうじ茶」を感じさせてくれるのですが、上品な柑橘感や和かな甘味など、ほかのボタニカルがうまくサポートしている。「苺」の時も思ったけれど、この絶妙なコーディネートは逸品です。

 お湯割りも良いです。醤油系の一口サイズの煎餅を肴に、最高でした。ふだん「ほうじ茶」を飲む機会が無かったのですが、あらためて「ほうじ茶」を飲んでみたくなりました。番茶とほうじ茶の違いも勉強しました。心豊かな気持ちになるジンでした。

【づけジン】 台湾パイナップルを浸ける 中国に感謝

  「台湾パイナップル」、2021年3月、輸出先の97%を占める中国が検疫上の理不尽な理由で輸入を禁止した。日本を含め、多くの国が「加油台湾(がんばれ台湾)」と代替輸入を進めた。その美味しさもネットで紹介され、遅ればせながら入手した。

  送られてきたパインは完熟で、芯まで美味しく、パイン概念が変わった。中国のお陰で、こんなに美味しいパインを食べることができました。谢谢/シエシエ。ジンでも味わいたいと、ドーバージンに浸けて約1日室温に置いた。

 飲んでみると、とにかく甘い。が、生果で強烈なパイナップル香りが無い。言われないとパインとわからないかも。そう言えば、意外とパイナップルをボタニカルにしたジンは少ない。あまり記憶が無いが、「ORI-GiN1848(オリジン1848)」のピーチパインくらいか。

 パイナップルの香り、ジンでは意外と難しいのかも。生パインを肴にジンを飲みます。地元のスーパーでも販売して欲しい。

「仙醸クラフトジン桜蔵(SAKURA)」 ステルスなGIN

  頂きもののクラフトジン。それまで、私のジンレーダー全く探知されていなかったジンだったので、ちょっとビックリ!。なにせ、楽天にもアマゾンにも商品紹介が無く、蔵元などの通販も無い(商品紹介も無い)。SNSの #クラフトジンでも見かけたことがほとんど無い。

  ちょいと調べたら、イオンだけの販売、「イオンプライベート」の様なジンだ(イオン最近行っていなかった、盲点!)。ほかにも「ラベンダー クラフトジン」、「カモミールジン」などがあるらしい。たぶん、イオンがジンの醸造ができる蔵元に「契約生産」の様な流れを作っているのだろう。さすが、イオン。

  ベーススピリッツは米(日本酒)由来、ボタニカルはジュニパーベリー、タカトウコザクラ(高遠小桜)の葉。これ以外は、これもステルス。高遠小桜は信州高遠(醸造元)の固有品種とか。飲んでみると、これはわかりやすい。日本酒感40%、桜(の葉)感40%です。甘味のある上品な桜餅?!、今日はこどもの日(柏餅で無いですが)。ほんのり美味しい。

 5月3日の朝、弘前城の桜の樹「思川(おもいがわ)」とコラボ撮影してきました。私の恩師M先生('17没)の記念樹で、遅咲きのこの桜でも今年は5分散り、もうひとつの品種「千里香(せんりこう)」は完散り。コロナが終わったら、この桜の木の下で呑みたいものです、去年の今頃も言っていた、か。

 

「フォー ピラーズ ネイヴィーストレングス ジン」 上には上が

 つい先のブログ「ピムリコ ジン」でalc.57%を自慢?したが、上には上の58.6%のジン。恐る恐るひと口、柔らかい甘さとちょっと風変わりなスパイシー感。ただ、ストレートはさすがにきつい、3倍程度に加水する。若干白濁する。これでも濃い、もうちょい加水。

 2013年設立のフォーピラーズ社、オーストリアです。何種類かのジンを出しているが、個々の個性が突き出る「ちょっと素敵な」ラインナップ。日本の「季の美 京都ドライジン」とコラボしたものや、ぶどうを漬け込んだものなど。

 今回のジンの個性は、高alc.で追求するジンの美味しさ、と(勝手に)理解した。どうせ飲むときに薄めてしまうのだから・・・とも思うが、(たぶん)高alc.ならではの美味しさがある。大谷選手を薄めても大谷さんの凄さがわかるというような・・・・・(?)。

  ボタニカルは、フレッシュフィンガーライムなどの柑橘系の他、ジンジャー、ターメリックといったスパイスが入っている。ターメリックはこれまであまりボタニカルとして登場してこなかった気がする。一種独特のスパイシー感に関与しているのか?。

 ジンとしては本格的ドライジン、ほかのラインナップにも期待たしたい。ジンの多様性、奥行きも面白いが、高さもハンパでないです。

「DENNOSHIN(伝之進)1812 ジン」 日本最初のジン 想像を絶する・・・

 教科書でお馴染みの「出島」。1812年、オランダの商館長ヘンドリックドゥーフ、戦争で本国を失い補給を絶たれてしまった。ジンを飲めない!見かねた長崎奉行所の目付「茂伝之進」が見よう見まねでで日本国最初のジンを製造した。

 当初のジンの情報も少ない中、復刻版「伝之進」ジンは想像妄想を重ねて創造したもの。どの程度再現しているのかわからない、が、造ろうとした意気込みが素敵。ボタニカルなどの材料は、ジュニパーベリー、コリアンダー、アンジェリカ、醸造アルコール、焼酎、ザラメ糖とある。

 セピア色の液体を飲んでみる。期待していなかったのですが、美味しいです。甘味はあるものの、それ程では無く、ジュニパーの苦みと相まって、シンプルに美味しい。オランダの商館長がどう思ったのかわからないけれど、きっと喜んだことでしょう。

 私の酔っ払いの頭の中で、当初のジンと復刻版のジンとがごちゃごちゃになっている。いずれにしても200年後のジンブーム伝之新さんがジン之新さんになるくらいビックリです。楽天などでは売り切れですが、個別の酒屋通販ではまだ買えそうです。

「グレンダロッホ ワイルド スプリング ボタニカル ジン」 北国の春の香り。

  アイルランドのジン。アイルランドのキリスト教は6世紀に始まり、10世紀に最盛期を迎えた。その後イギリスが侵略し、多くの関連施設を破棄してしまった。首都ダブリンに近いグレンダロッホは当時の聖地。森の中に隠れていたため、歴史的遺産が多く残されている(とか)。

 グレンダロッホ蒸留所、小さい蒸留所ながらウイスキーなども製造し、ジンもかなり多くの製品を造っている。春夏秋冬、季節バージョンもある、このスプリングは定番のボタニカルのほかに、タンポポ、ブナ、黒いちご、カタバミ、白樺などが使われている。春らしい?

 飲んでみる。春~と言う華やかさでは無いが、厳しかった冬から解放された喜び落ち着いた喜びを感じる。これは、今年の4月の青森の実感です。ちょっと草っぽい独特の風味があって、庭で春作業をした一日の嬉しい一杯でした。

 作戦にはまってしまった。サマー、オータム、ウインター・・・飲みたくなります。さらにビーチ(ブナ味)、ローズ、ブラックベリーなども出されている。これはこれは、興味津々、興味ジンジン、次はサマーですかね。この頃、世の中はどうなっていることやら?

「ピムリコ ジン」 57%の世界

  【57%】、内閣支持率だったら高い方、雨の確率だったらたぶん降る、紫外線の遮光率なら低すぎる。私の●●にとっては、かなり高い。このジンのアルコール濃度57%は、「シップスミスVJOP」(下枠)と並んで、輸入ジンとしては最高レベル

 1800年代からの古い醸造所で造られ、「ピムリコ」は、ロンドンの古い町の名前に由来している。ボタニカルなどは非公開、良くも悪くも「秘密めいた、何が入っているかわからない」。ボトルにもそんなイメージがある。

 いわゆるクラフトジンでは無く、昔ながらのレシピ(非公開ですが)で造られた庶民のジン。酔うためのジンでもあるかも。きつい仕事していて、夜は酒が飲めると頑張れる酒でしょうか。私、今日はちょっと庭仕事をしたので・・・、レベルが違うか。

 飲んでみる。やはりアルコール感高いです。飾り気の無い、これぞロンドンドライジンと言った味わい。単体で飲むより、素敵なマスターの手を借りて美味しいカクテルに変化する素材としての、ピムリコです。

「ジュニパージン 広島レモン&オレンジピール」 ジュニパーづくし

  「広島レモン」とあるので、日本のジンと思いきや、スコットランドです。なぜ、広島レモンを使ったのか良くわからないけれど、広島の檸檬を使ったジンはこれまでにもいくつか紹介してきました(いずれも国産:下枠)。

 ジュニパーベリー(セイヨウネズ)と言えば、ジンに必須のボタニカルですが、今回のジンは「ジュニパーの樹」の木材で作った樽(100リットル)で2年熟成したとか。この黄褐色の輝きは、この樽(カスク)熟成の色

 造られたのはドーノッホ蒸留所。聞いたことがあると思ったら・・・、以前に紹介した「ドーノッホ トンプソンブラーズ オーガニック ハイランドジン」(下枠)です。これも相当にレベルの高いジンで、今回も期待を大にして飲みます。

  これまでには無い不思議な美味しさ。カスクによる熟成感とともに、色々な風味が。ボタニカル(わかる範囲で)は、クミン、未熟な桃、カルダモン、クローブ、パインオイル、ミント、ドライレモン、オレンジオイル、桂皮。

 ラベルもユニークなのだけれど、説明がみあたららない。レモンの輪切りスタンプにも見えるのだけれど、違うかな?

「スティン ジン」 清濁あわせ呑む。

f:id:cymagin:20220416210057j:plain   オースリアのジン。造り出された経緯(個人的な熱意と小さな会社)、醸造方法(小型の蒸留器と丁寧な醸造)、名前の付け方(故郷の名前をアレンジ)、ユニークなボトル(コルク栓を紐で封印)、なんとも「クラフトジン」らしいジンです。詳しくは、バーテンダーズ ジェネラル ストアーの紹介記事(下記)をご覧ください。

  ベーススピリッツはトウモロコシボタニカルは28種類とあるが詳しくはわからない。スティリア(STINの語源)産の6種類のりんごエルダーフラワーが入っている、らしい。地元のボタニカルを重用するのもクラフトジンならではです。

f:id:cymagin:20220416210220j:plain ほんのりとした甘味(りんご?)、キリッとした柑橘系の酸味、多くのボタニカルが醸し出す複雑な奥深さ。鼻に抜ける後味は、ちょっとの薬味感のある面白い雰囲気。色々な要素を感じることができるので、カクテルも含め飲み方によって様々な楽しみが生まれそうだ。

  炭酸で割ると、うっすらと白濁する。日本の焼酎ベースのジンの中には真っ白になるものもあるが、そこまでは白くない。不純物が作用すると言われるが、何か美味しくなる異質な成分が入っているのでしょう。ちょと風変わりだけれど、惹かれる美味しいクラフトジンです

「スプリング ジン」 とろけます。

f:id:cymagin:20220414214504j:plain スプリングです。春が来ました。今年の冬は積雪が多く、春が待ち遠しかった・・・・・。北国では、春の花が一斉に共演します。梅も数日前の開花だし、ハクモクレン、サンシュユ、レンギョウ、水仙、弘前城の桜も今日(4月14日)開花です。

 ベルギーのジン。3000種類のカクテルレシピを持つオランダのバーテンダー、マヌエル・ウーテルス氏によるジンとか。ボタニカルは13種類、オーソドックスなものが多いが、ブラックペッパーレモンとオレンジの果皮大黄や松の芽が入る。

f:id:cymagin:20220414214540j:plain  ガラスの栓は、いわゆる摺り合わせガラスで、コルクもシリコンも無い。昔、化学とかの実験器具で、こんなの見たことがある。これで外気と遮断しているところがすごい。蓋を開ける時には「シャリッ」とこすれた音がする。

  飲んでみても、春です。実に柔らかい口当たり。ですが、落ち着いていてしっかりとした後味。冬を乗り越えて来た、やっと春が来た!という喜びを体験できる。柔らかさ、暖かさ、ゆったりとしたクラフトジン、「ありがとう」と言ちゃいました。