ジンを楽しみ ジンで遊ぶ

ジン(酒)そのものを味わっています。国内外のジンを紹介するとともにジンで色々遊んでいます。

103"YASO"GIN(ヤソジン)」 新ジン類 爆発

f:id:cymagin:20211022195552j:plain 株式会社「越後薬草」のクラフトジン。会社名からして凄そう。今回の銘柄は103ですが、(ネットでは)80とか104とか70とか00とか・・・、また、ジン以外のYASOスピリッツなど、色々な波及商品があるらしい。会社HPも含め、全体像を探したが良くわからない(間違っていたらごめんなさい)。

f:id:cymagin:20211022195723j:plain


 和風で爽やかなデザイン、清流に川藻が映える清らかな印象。ですが飲んだ時のショックは強烈です。これ、ジンなのか!。強烈な薬酒です、が、ジンです。ジンの多様性の極端な表現です。たぶん。ですです。相当にパニクっています

  クラフトジン、とにかく様々ですが、この「薬草系」のジン、国内外も含め「ひとつのジャンル」にしましょう。好き嫌いは多いかな・・・。個人的には、とりあえず保留。ロンドンドライジンがジンだと思っている方は、これは絶対ジンではないです。

f:id:cymagin:20211022195756j:plain


  ヤソジンは80ジンで、80種の野草類を発酵させ、酵素を作る過程で生じるアルコールを蒸留し、さらに多くのボタニカル(草根木皮)を加えて蒸留したジンとのこと。野草(薬草)知識を詰め込んだ逸品ということか。

 呑み進めるうちに、いい感じに・・・。やばい! 阿蘇も爆発したし・・。お求めは、バーテンダーズジェネラルストア(下記)などで。

 

「ベン ローモンド スコティッシュ ジン」 ちょっと待ってから...

 f:id:cymagin:20211013210103j:plain 「スコットランド」いっぱいのクラフトジン。蒸留所はローモンド湖畔、際(きわ)には「スコットランドの富士山」(ボトルラベルにも描かれれている)。青いボトルはこの山を彩るヘザー(つつじ科の低木)の花のイメージ、そこに位置する蒸留所で造られている。

 ジュニパー以外のボタニカルは、アンジェリカルート、オレンジ、バラの花びら、コリアンダーの種子、四川唐辛子、ブラックベラカント、オリスルート、カッシア、甘草、ローワンベリー。わからないのは、ブラックベラカラトとローワンベリー

f:id:cymagin:20211013210147j:plain ブラックベラカラントは「黒スグリ(カシス:日本では青森県が主産地)」。ローワンベリーは、たぶんナナカマド類の実。街路樹に植えられているナナカマド、秋には鳥が食べない。ひと冬(低温)をくぐることで渋みが抜けて、お腹のすいた野鳥の餌となる。待つのが最大の調味料

 呑んでみる。オーソドックス!、各々のボタニカルを少しずつ感じるものの・・・、総合的に飲みやすく、味わいのある完成された一品。安心して飲める。カクテルでなく、加水か炭酸で。完成度を味わって欲頂きたい、飲みたい気持ちをちょっと待ってから。

 

「ロメオズ ジン」 このジン、呑むと痩せます(痩せるのはアナタではありません)

f:id:cymagin:20211010195526j:plain 「芸術の街」、カナダ モントリオールのクラフトジン。ラベルは近代芸術家たちがデザインし、定期的に変わるとか。この日本に入荷したボトルは、Stikki Peaches氏によるもので、モーツァルトを現代風に描いたもの。

  ボタニカルはラベンダー、きゅうり、アーモンド、せり、レモンなど。爽やかな春の訪れを連想させる味わいになっている、と紹介されてる。呑んでみる。相当ドライで酸味も強め、ペッパーも感じる。炭酸とかで割った方がわかりやすいかも。

f:id:cymagin:20211010195555j:plain 同じドライでも、直前に呑んだ「デューク ミュンヘン ドライ ジン」とは全く異なる。デュークのコクとロメオの透明さ。連続して飲むことができて良かった。これもジンの楽しみ。カナダを代表するジンかもしれない。

f:id:cymagin:20211010195639j:plain  売り上げの一部は、アーティストなどに還元されるとのこと。そんな仕組みがあるあることに、芸術に対する姿勢を感じる。こんな呑兵衛の一口も芸術に寄与している?。フルボトル時のモーツアルト画、空になると痩せてしまった。これも呑んで見ての芸術作品です。

 

「デューク ミュンヘン ドライ ジン」 ドイツのスーパードライジン

f:id:cymagin:20211007201030j:plain  野草味を感じる香り、ぐぐっと呑むと重厚でうま味のある辛口のドライジン、ほんのり甘みのある素敵な余韻。ショットグラスでストレート、これが最高かも。炭酸で割ってもイケる辛口、肉料理などに合いそう。

 ドイツの計算尽くされたクラフトジン。ミュンヘンにある「デューク」蒸留所で造られている。ボタニカルはすべてオーガニックの13種類。ドイツと言えばビール、このジンにも大麦とホップがボタニカルとして取り込まれれている。

  ジンと言えば、イギリス、オランダだが、そのほかのヨーロッパ各国のジンも面白い。アイルランド、スペイン、イタリア、フランスなどなど、それぞれ特徴的だ。ドイツも侮れない。モンキー47、ジークフリート・・・、いずれも一級品。

f:id:cymagin:20211007201106j:plain


 このデュークも最高の部類に入る逸品だと思う。価格もお手頃だし、絶対に「買い」です。ブログ上、できるだけ多くの銘柄を紹介したい・・・と、再購入することは滅多に無いのですが、これ頼んでしまいました。クラフトジン、呑んでみたいなと言う方にもお薦めです。

「スローアンズ プレミアムドライジン」 上級ジン民

f:id:cymagin:20210928195956j:plain  「スロージン」というジンの種類があって(下記)。その素材が西洋スモモ、アンズはスモモに極めて近い種類なので、このジンは「スロージン」に類するものかと思ったら、全くの勘違い。スローンは人の名前で、スローアン'sで、その人のと言うことらしい。よく考えたら、アンズは日本語だ。

 サー・ハンス・スローンは18世紀の著名なコレクターで、莫大な寄贈品が大英博物館の基になったとされている人(らしい)。この人への経緯から名付けられたオランダのドライジン。おのずと、変なものは使えない

f:id:cymagin:20210928200032j:plain ボタニカルの柑橘はすべて生ドライでない)。9種類のボタニカルも個別に蒸留し、それらをブレンドし、1ヶ月熟成させている。世界のベストジンを目指し、コストは度外視で製造!との説明もある。実際、数多くの受賞歴もある(ボトルにメダルの栞がぶら下がっている)。

 確かに、熟成された感のある「トロ~とした芳醇な」呑み心地。甘み、苦み、酸味もそれぞれ深く、その一体感も深みがある。特に、柑橘の風味は独特です。これは、賞ものです。ジン格が違う。ストレート(せめて加水)常温で。

「Gin&P ジェネピー ジン」 遊んでる大人がわかる?美味さ

 

f:id:cymagin:20210913195116j:plain イタリアのジン、かなり「私好み」です。イタリアらしい遊び心。それでいて安っぽさは全く無い。不思議な苦みを伴うシトラス感と、あっさりとした上品な甘さ、硬派と軟派を兼ね揃えている。

 通販サイトの説明は、「トリノのクラフトジン、ピエモンテ山脈の頂上付近でのみ手に入るジェネピー(ニガヨモギの1種)を使用しているため、非常に希少な商品となっています」とある。が、このジンの風味を伝えるものでは無い。

f:id:cymagin:20210913195538j:plain 海外の情報を探しているうちに、結構「よさげな」サイトが見つかった。コルク栓の下の首元(くびもと)にある「切手風」の図柄の説明もあった。しかし、いざブログを書こうとしたら、このサイトが見つからない。色々試してみたが、見つからない。

 紹介しようと思っていてもできない、このイライラ。ブログ掲載の先送りも考えたが、解決の目途は無い。もう、このジンに関しては「遊び大人の美味さ」で締めくくります。飲んでやって、感じてください。

「アンクル ヴァルズ レストランティブ ジン」ジンを楽しんで造りたいのですよ

f:id:cymagin:20210907192300j:plain  アメリカ、カリフォルニアのジン。「ジン大全」にも掲載されている。どこかでも掲載されていると有り難い(情報源として)。ジンの中には、ほとんど情報が無いものも多く、その時は、ごまかし、はったりで埋めている。

 ワイン、ラム、テキーラなど、手広く製造している「35メープルストリート社」のクラフトジン。ただ、ジンに関しては、趣味的に造っている感がある。ほかの酒蔵メーカーでも、遊び心で造っているのがジンだったりする。

f:id:cymagin:20210907192335j:plain それは、酒造りにとって、ジン造りが楽しいから。縛りが緩い、alc.の材料やボタニカルの材料も千差万別、ボトルにも懲りたい!。結局、オーナーだったリが求める「素敵なジン」が出来上がる。そして、呑み助も満足・・・という好循環。

 調べて行くうちに、このジンには「レストランティブ」と「ボタニカル」という種類があるらしい。「ジン大全」に載っているのは「ボタニカル」。「ボタニカル」のボタニカルは、ジュニパー、キューカンバー(キュウリ)、レモン、セイジ、ラヴェンダー。

 「レストランティブ」のボタニカルはわからないが、飲んでみると実に爽やか、キュウリは入っているのでしょう。「アンクル ヴァルズ」、ヴァルズ叔父さん。ラベルに描かれている人物らしいが、どんな人か?わからない。たぶん酒飲みの良い人。

 

「ペンダーリン ブレコン ボタニカルズ ジン」 意外?、ウエールズのジン

f:id:cymagin:20210905200124j:plain  イギリス、ウエールズの国立公園ブレコン・ビーコンの中に位置する「ペンダーリン蒸留所」で造られている。ウエールズ →→、ウエルッシュ・ウイスキーというのがあるが、ジンはあまり出てこない。イングランド、スコットランド、アイルランドのジンは山ほどあるのに。

 イングランドの隣なのにジンの情報が極めて少ない。「ウエールズのクラフトジン」でググると、ほぼこのジンだけがヒットする。ペンダーリン蒸留所、100年ぶりにウエールズでウイスキーのシングルモルトを復活させた蒸留所として有名だとか。ウエールズは酒自体に淡泊?(私は状況を十分理解していません)。

f:id:cymagin:20210905200150j:plain   そんな?所で造られたジン、微妙な立ち位置を感じる。飲んでみる。非常にマイルドなドライジンです(強烈な主張はない)。が、このボトル姿、イングランドでもスコットランドでもアイルランドでもない!と主張している様にも思う(勝手に)。

  特殊な地域的状況の中でのシックな様相、マイルドなボタニカル感覚、見ていても、飲んでみても、落ち着きます。津軽の「こぎん刺し」に通じる一品。トゲトゲを追求するジンもある中で、落ち着きを探すジンもあるのがジンの魅力です。言わないけれど言っている、素敵な世界です。

 ウエールズ、かえって興味を持ちました。人口は、イングランドの5%程度の350万人強、面積は四国ぐらいで、約20%は国立公園。そして、ラグビーが強い。ウエールズのジン、もうちょっと探してみます。

 

「キュービカル プレミアム ロンドンドライジン」 所詮、仏の手のひらの中

f:id:cymagin:20210901202608j:plain

 奇抜な四角形ボトル。ただ、単純な立方体ではなく、一部が段差になっている(写真無しです)。ボトルの前面と裏面、さらには蓋の上にも「お釈迦様の顔」の凹凸。ボタニカルに「仏手柑(ぶっしゅかん)」が使われていることにも関係ある?。

  「ムギオのお酒探訪」(下記)によると、キュービカルには、ウルトラプレニアムジン(黒ボトル)、プレニアムロンドンドライジン(透明ボトル)、とキスジンがある。今回は「ロンドンドライジン」。スペインのウィリアムハンバート社が製造している。

 

f:id:cymagin:20210901202655j:plain 「仏手柑」、「ブッダス・ハンド」とか「フィンガード・シトロン」と称され、手(指)の形をした皮ばかりで生食に向かない柑橘です。漢方として、また、観賞や生け花用として使われている。鹿児島や和歌山でそれなりに栽培されている。

f:id:cymagin:20210901202726j:plain

 ボトルの「注ぎ口」が複雑。ラムネのような小さな玉があり、時に液体(ジン)が全く出てこない → 未だに使い方がわからない。何とか注ぎ出して、飲んでみる。ライトなシトラス感、、、甘みと苦みも軽く、爽やか。このどうしようもない酒飲み(私)、今夜も仏の手の中で遊ばれています。快感

「ネイビーストレングス クラフトジン」 白濁は沖縄の旨み

 f:id:cymagin:20210830192942j:plain 「泡盛」をベーススピリッツとする沖縄のクラフトジン。「まさひろ」、「オリジン」(下記)など、私の中で沖縄のジンは極めて評価が高い。ラベルの赤い星、「オリオン ビール」を想い起こす。このジンの製造元「石川酒造場」は、オリオンともつながりがある。

 ボタニカルを見ると、カープチー(シーカーサを大きくした様な柑橘)、ピパーチ(島胡椒)、カラキ(沖縄シナモン)など、聞き慣れない「沖縄」独自のラインナップ。沖縄のジンは、ここが楽しい。当然、ベーススピリッツは「泡盛」。

f:id:cymagin:20210830193039j:plain ストレートで飲む。複雑なシトラス感と苦み、泡盛の甘さと相まって美味しい・・・が、ストレートではこれ以上無理。なんとalc.57%。焼ける。華奢な姿とシンプルなラベルからは想像できない強烈なパンチ。alc.57%以上のカテゴリーは、「ネイビーストリングス」と称して別枠扱いらしい(海軍が、火薬を湿らせない程高いalc.濃度を求めたとか、飲みたかっただけ?)。

 慌てて、炭酸で割りました。白濁しました(2倍希釈:写真)。これまでも、白濁するジンは多数ありましたが、ここまで白濁するのは初めて。度数が高くても白濁しないジンもあり、alc.以外の副成分によって生じるらしい。たぶん、ここでの副成分は「旨み」。沖縄の「旨み」。

 白濁系カクテル、風味は最高なので、面白そうです。

「まさひろオキナワジン バーテンダーズバッチ2020」 前ジン未踏 - ジンを楽しみ ジンで遊ぶ (cymagin.com)

「ORI-GiN1848(オリジン1848)」 ヒハツゲットーイエルバブエナ - ジンを楽しみ ジンで遊ぶ (cymagin.com)

 

「ハマー&サン オールド イングリッシュジン」 実は、ニュー イングリッシュジン

f:id:cymagin:20210827185146j:plain デンマークの「ハマー&サン」社によるジン(生産はイギリスとか)。同社では、「ジェラニウム ジン」も提供している(下記)。「オールド イングリッシュ」の名の通り、「オールド」を売りにしている。① イギリスでジンが台頭してきた1783年のレシピを採用している。

  イギリスに現存する「最古の」ポットスティル蒸留器で造られている(製造時期の説明が欲しい)。 レシピ当時のジンは、再利用のシャンパーニュ瓶に詰められていた。コルクとワックスシーリングも・・・雰囲気を再現している。

f:id:cymagin:20210827185216j:plain  当時のジンは、雑味が多く若干の砂糖を加えることで飲みやすくしていた。現在の「オールドトムジン」の原型だが、この風味を取り入れた。小麦のベーススピリッツに、ボタニカルはコリアンダーなど比較的オーソドックス(11種類)。

 飲んでみる。下記「ヘルノ オールドトムジン」に比べると若干甘さ控えめ、スッキリ感もあり、若者に受けそう。多めの炭酸で割り、キリッと冷やして残暑を乗り切りましょう。オールドを追求したが、結果的にはボトル姿も含めて現代美術でした。

 

「タンカレー マラッカジン」 怪傑ハリマオ

f:id:cymagin:20210824204148j:plain 元々は1999年に登場し(写真のラベルとも全く違う)、数年で販売終了となった「タンカレー」の派生。その後ヨーロッパで復刻版も出されたらしい。オリジナルのマラッカには、万単位のプレミアがついている。詳しい経緯はわからないが、今、この1000mlが入手できる。
 
 マレーシア、マレー半島の南端に位置するマラッカ、15世紀のマラッカ王国を起点とするが、その後ポルトガル、オランダ、イギリスに支配され、日本の統治下にも置かれた。その歴史を表現する街並み、観光地としての資源ともなっている。

 飲んでみる。オリジナルの「タンカレー」とは別物です。かなり「柔(やわ)」、軽めのシトラス感、結構甘い。ストレートで飲むのがちょうど良いくらい。それなりに美味しい。オリジナルのマラッカとは全く違うとのコメントもある。

f:id:cymagin:20210824204210j:plain 「怪傑ハリマオ」、ほとんどの高齢者が知っている(聞いてみて!)。テレビで見た記憶が無いのに、歌「真っ赤な太陽燃えている 果てない・・・ハリマオ ハリマオ ぼくらのハリマオ」は、何故か私も知っている。知らない方はググってください。

 このジンのビックリは、価格。ネットでは、2880円~6000円台後半驚異の価格差。1リットルで2880円はかなりのお買い得だが、6000円は躊躇する。ラベルにある虎「(たぶん)マレートラ」も紹介したかった・・・、ハリマオは、マレー語で「虎」。奥が深いジン。ハリマオが解決してくれる?。

 

「ヒュー(FEW) ブレックファースト ジン」 理解不能なGIN

 f:id:cymagin:20210817213854j:plain アメリカ中西部、イリノイ州にある「F・E・W(ヒュー)」蒸留所で造られるジン。当地は、禁酒法発祥の地として知られ、F・E・Wは、禁酒法提唱の中心人物で著名な教育者Frances Elizabeth Caroline Willard(フランシス ウイラード)女史に由来するとのこと。この名付けに理解不能①

 ブレックファースト ジン?「朝一の飲み物は美味しいジンで!」をコンセプトに造られたもので、午前から楽しめる味わいを実現・・・とか。アールグレイやベルガモットなど、朝一にふさわしいキーボタニカルを使用・・・。朝からジン、正気か?。このコンセプトに理解不能②

 ベーススピリッツはコーン、バーボンスタイルのジンと主張する。アメリカ中西部のクラフトジンとしては妥当なところだが、バーボンとジン、合うのかな?。別々に味わっても良いのでは?。(ちょっとだけ)理解不能③

f:id:cymagin:20210817213927j:plain  それでは飲んでみよう。さすがに「ブレックファースト」時には無理で、夕食後に飲んでみました。確かに、バーボン風味ではあるものの、穏やかな甘みと柑橘、実に飲みやすいジンです。風味を十分堪能、これは理解できました。

 アメリカならではのブラックジョークなのか?、私の理解不足なのか?、一度朝酒をしてみないとわからないかも。

「Kis Gin(キス ジン)O GIN」 シルバーにかっこいいジンです

f:id:cymagin:20210812190339j:plain カンガルー島オーストラリアの南極側、大陸から約13kmに位置する「山梨県」と同じくらいの島。偶然にも?、属する州はブドウの産地でもあり、約1/3が自然保護区という豊かな環境で生産されているのが → 「Kis Gin(キス ジン)」

 Kis(Kangaroo Island Spirits) Ginのベーススピリッツ(アルコール原料)は、当然の流れ?で「ブドウ」です。Kis Ginには、今回紹介する「O GIN(オージン)」と、よりフレーバーな「WILD GIN(ワイルドジン)」の2種がある。

f:id:cymagin:20210812190410j:plain O GINのボタニカルは、ジュニパーベリー、コリアンダーシード、アンジェリカ、オレアリア・アクシリアリスオレンジゼスト、ロングペッパー&クべバペッパー。オレアリア(ラベル画?)は、ワイルドローズマリーとして知られ、シルバーリーフとして観賞用植物でも楽しめる、とか。

 ブドウスピリッツならではの「穏やかな」心地良さを感じつつ、柑橘香(オレンジジスト:皮をピーラー)や、スパイシーな刺激も。むしろ、倍量の炭酸や加水することで、それぞれの特徴を感じることができ、上品な甘さも堪能できます。

 デザインも含め、「洗練された」かっこいいジンです。カンガルー島、行ってみたい。楽天などでは引っかからないので下記などで

【 外ジン(ジン以外のお酒)】 「電氣ブラン」と「デンキブラン」の違い

f:id:cymagin:20210808204031j:plain 久しぶりに「電氣ブラン」を飲んでみた。ちょっと拍子抜け、こんなに美味しかったっけ?ラム酒か?という味わい。今回飲んだのは、合同酒類の40%の電氣ブラン。出回っているのは同社の30%と40%。

 電氣ブランの「物語」等については、検索すれば沢山出てくる、ので割愛。明治(代用品として)、昭和(流れ流れて)、平成(忘れられ)、令和(懐かしく)・・・。それでも生き残っているのは、その名前の響きもあるのだろう。イメージは、ビリビリくる安酒!

f:id:cymagin:20210808204818j:plain しかし、想っていたビリビリ感が物足りない。想像するに、元祖(できた当時の)電氣ブランはこんなに「柔」ではなかったのではないか。元祖と比較して飲んでみたいものだ。ジン(ドーバージン)と電氣ブランをカクテルして見ました。苦みも加わってビリッときました。

 alc.40%が電氣ブラン30%がデンキブランだそうです。もっと色々な電氣ブラン出てきて欲しい。高電圧電氣ブランとか