ジンを楽しみ ジンで遊ぶ

ジン(酒)そのものを味わっています。国内外のジンを紹介するとともにジンで色々遊んでいます。

ジン民のジン民による 「ヘイマンズ ファミリー リザーブ ジン」

f:id:cymagin:20190715212923j:plain

 ファミリー?、リザーブ(予約)、何を意味するのか?。ウイスキーにも、ファミリー リザーブと名を付けた銘柄(グランツ)がある。家族のため、大切な人のため、「とっておきの」物ですよ!と言うことか?。限定品?。

 実際、瓶にはバッチ(蒸留器)とボトルの番号が付されている。酒飲みは、大体「家族」に後ろめたさがある。酔っぱらって、迷惑をかけているし、酒代も馬鹿にならない。免罪符?で「家族のため」と・・・、ブラックユーモアか。

 ロンドンでは昔から大量のジンが飲まれていた。1860年頃までは、樽で輸送し、樽で販売されていた(店に樽が並んでいた?)。1861年に瓶での販売が許可された。ちなみに、1861年にリンカーンが大統領に就任した。ジン民のジン民による・・・

f:id:cymagin:20190715212954j:plain

 ヘイマン社は、このジン以外にも色々なジンを揃えている。ヘイマンブランドは、今世紀に入ってからの新しいもので、クラフトジンとして扱われる。ただ、目指すところはクラシックスタイルで、3週間樽詰めにするのも、昔の姿を再現したかったらしい。

 一口目、確かにノーマルなロンドンドライジン。ただ、なめらかな感触、これは樽詰め(ウイスキーの熟成樽)の効果か?。また、ちょっとスパイシーな味わいも。ツワイスアップ(同量加水)にすると良くわかる。やはり、クラフトジンだ。

 はっきりと新しさがわかるクラフトも良いけれど、それれとなく「ちょっと違いますよ」と個性を出してくるクラフトジンも魅力です。この機微(きび)、リンカーンにはわかっても、トランプは無理だろうな。

 

【づけジン】 カシスの「ウイルキンソン」漬け、意外な結末

f:id:cymagin:20190710192002j:plain

   カシス(黒房スグリ、ブラックカーラント)の果実は濃紫色で、アントシアニンなどが多く、健康果汁として、また、スイーツの素材として重宝されている。カシスサワーは居酒屋で人気者だし、ジンベースのカクテルも素敵だ。

 カシスの生果は、独特の臭いがあり、とても生で食べられるものではない。ところが、シロップや果汁にすると豹変する。ブルーベリーやラズベリーにはない濃厚さと、ビロードの様な紫黒は素材として貴重なものとなる。

 

 

f:id:cymagin:20190710192031j:plain

 そんなカシス、これは【づけジン】の最高傑作になるに違いない。カシス80gをウイルキンソンジン120mlで漬けて、冷蔵庫に静置する。ちょっと不安はあった。【づけジン】は素材そのものの特徴を反映する。カシスの生果は美味しくない。

 半日後、そして1日後、ほとんど変化がない、ちょっと色が変わったかなと言う程度で、味も抽出されない。マズくもならない。どうしよう!。果実酒の様にこのまま放置して・・・とも考えたが、(短気な私は)強硬手段に出た。 

 

 f:id:cymagin:20190710192117j:plain

 ミキサーにかけた。1日置いて、濾過、グラスに移す。最高の色合いだ。が、飲んでみると、苦みと、酸味と、独特の匂い。素材そのものだ。アメリカでは、加工する時にこの苦みを除去するらしい。スイーツと言うことで、ガムシロップを入れてみた。

 

 独特の香りはあるが、酸味、苦みが抑えられ、むしろ深みを感じる。今回は無理くりの【づけジン】でしたが、こんな手口もありかなと思う出来事でした。なお、カシスの日本での生産量は、青森県がダントツです。

 

 

ハッピーになりたい時は 「マルフィ ジン オリジナーレ」

f:id:cymagin:20190708202945j:plain

 イタリア発のクラフトジン。このオリジナーレ(オリジナル)」の他に、「マルフィ コン リモーネマルフィ コン アランチャマルフィ ジン ローザ」の4種類が販売されている。リモーネはレモン、アランチャは真っ赤な果肉のグレープフルーツである。

 コンは、withの意とのことで、それぞれ、レモンアランチャから造られていることがわかる。このほかに5種類のボタニカルが使われている。ローザは、バラが使われてるわけでなく、ピンク色だから?、これには、コンが付いていない。正直!

 

 ボトルの色使いや形が如何にもイタリア、栓の上に丸い青、これが下まで続く。表現が難しいので、写真をご覧下さい。実にイタリア。フランスでも、スペインでも、もちろんドイツでもない(行ったこともないのに・・)。

f:id:cymagin:20190708203044j:plain

 そして、中味も相当お洒落。ちょっとジンの苦みはあるものの、甘味もあって、これはレモネード」。これだけ柑橘をメインにしたジンは初めて。しかも、レモンとすぐわかる。「オリジナーレ」でこれだから、「コン レモーネ」は、レモンレモンレモンだろう。

 最近のクラフトビール、様様なフレーバーでアレンジされた製品の人気が高い。従来のビールに固定観念のある酒飲みにとっては、ちょっと苦手かも。「マルフィ」を見ると、ジンも同じような流れか若い人向き、商品広告もおじさんは対象外。地中海のビーチに似合う。

 

 f:id:cymagin:20190708203138j:plain

(おじさんにとって)異質なジンではあるものの、おいしく飲めるアイデアが湧いてきた。準備があるので、そのうちに、乞う御期待。いずれにしても、北欧のジンとは正反対、じっくりと味わうタイプではない。ハッピーな時に。

 

 

【づけジン】 きゅうりの「ヘンドリックス」漬け、カッパさん用

f:id:cymagin:20190703201642j:plain

  ボタニカル(風味付け)にきゅうりを使用している「ヘンドリックス ジン」、先に紹介したとおり、常温ストレートで楽しませて貰った(下記)。と言うことで、当然のように、きゅうりの【づけジン】に挑戦。どうなることやら?

 自家製きゅうり50gに、「ヘンドリックス ジン」を100ml入れて、半日冷蔵庫に置いた。屋上、屋を重ねるである。試しに、輪切りにした物と、皮だけの物のの2パターンを用意した。

 皮だけの方が、うっすらと色が着く。どちらも、とにかく、「青くさい」。はっきり言って、あまり美味しくない、実に青くさい。全身が真緑で、痩せこけたカッパが飲んでいそう。ちょっと・・・貧相な味?
 
f:id:cymagin:20190703201709j:plain 過ぎたるは及ばざるが如し、ですな。ただ、合わせて200mlも作ってしまった。なんか、ダイエットに効きそうだな~等と思いつつ、カッパって飲む。過ぎてしまって及ばざる?・・・。楽しんだから、良しとしましょう。「緑くさい」

 

【づけジン】 ラズベリーの 「バートン ジン」漬け、彼女の心はラブベリー

f:id:cymagin:20190702202400j:plain

  北国では、ラズベリーの収穫時期、初夏だ~。キイチゴの仲間で、甘味と酸味が絶妙。爽やかさが売りですが、ジンとの相性は??。50gにバートンジン100mlで漬けてみた。冷蔵庫に半日、果実の色は変わらず、綺麗です!。

 ベリーと言えばストロベリー、ですが、小果樹にはベリーと名が付くものが結構ある。グーズベリー(スグリ)、クランベリー(ツルコケモモ)、マルベリー(桑)、ブルーベリージューンベリー等々、ベリーがマッチ(沢山)。

 シーベリー(グミ)や、リンゴンベリー(コケモモ)は北欧のジンのボタニカルとして使われているし、ジンに必須のジュニパーも針葉樹なのにジュニパーベリーと称される。ジンのボタニカルとしては柑橘類が多用されるが、ベリー類も見逃せないですよ。

f:id:cymagin:20190702202431j:plain

 赤みがかったピンク、良い色が出ている。【づけジン】は素材そのものの特徴を引き出す・・・としてきたが、期待以上。色といい、味といい、カクテルグラスに入れて、残ったラズベリーを添えたら、彼女の心はラブベリー

 ちょっと疑心暗鬼、どれほど風味を表現できるかと思っていたので、驚きの仕上がり。これは作り置きします。冬にホットで飲んでみたい。特許?とろうかな~と思うくらいの逸品でした。次のベリーにも期待!、メリージェーン(ベリージーン)。

 

 追記:5日ほど漬けたままにしてみた。色は濃くなるものの、苦みが出て来てあまり美味しくなかった。

カッパと朝まで飲み交わす 「ヘンドリックス ジン」

f:id:cymagin:20190701210332j:plain

 このジン、造り方に特徴があるというものの、基本的にはオーソドックスなロンドンドライジンである。が、最後にきゅうりバラの花びらのエキスをブレンドした(してしまった)。従来のジンファンにとっては、反則技!。

 「ありえへん!!」の世界であるが、これが、クラフトジンブームのきっかけを作った。自由な発想、アイデアの世界、ジンの可能性を見いだした功労者とも言える。今でこそ、そう言えるものの、当初は反発もあっただろう。

 しかし、最初に「きゅうり」と聞いた(見た)時には、耳(目)を疑った。日本人にとって、キュウリは野菜であり、せいぜい、「生ししゃも」の香り。ところが、西洋で、「キュウリ」の香りは、それなりに認知されていたらしい。

 飲んでみる。最初は良くわからなかったが、飲むにつれ、きゅうりの「青くささ」と上品な甘さ(バラ?)が湧いてくる。4杯目、結構きゅうりだ。造った方の意図はわからないが、日本人にとっては「庶民的な味わい」だ。

 きゅうり好きには、ありがたい「楽しい一時」となるが、本格的なジンを求める方には邪道かも。味噌を付けたきゅうり、きゅうりの漬け物(浅漬け、古漬け)を肴に頂いたが、実に合う。次回の記事は、当然きゅうりの【づけジン】。期待大!!。

f:id:cymagin:20190701210402j:plain

 ボトルには、お洒落なリーフレットが付いているが、飲んでしまってからは解析不能。ネットでも公式な説明等があるので、そっちを見てください。私のお薦めは、夏でも常温のストレート、きゅうりを実感できます。ただ、お好きな飲み方で。

 青くさい酒、変な感じでです。青くさい夢でも見ましょうか、Zzzzzz。

 

 

【づけジン】 フェンネルの 「プリマス ジン」漬け、ウィ!キョー

f:id:cymagin:20190628214948j:plain

 セリ科のハーブや生薬、その独特の風味は鼻や舌に強烈な印象を残す。例えば、コリアンダー(パクチー)、パセリ、アニスなど、好みが分かれるところでもある。個性が強い。このフェンネルも相当の強者、日本では「ウイキョウ」。

 草姿も独特で、柔らかく細く枝分かれする葉はイングリッシュガーデンには欠かせない。その「しなやかさ」に秘める個性。乾燥種子も多用される。エキゾチックで漢方の薬臭さと甘さ、そして多くのジンでボタニカルとしても使われている。

 しかも強い。雑草のように生えてくる。そんな生のフェンネルをプリマスジンに漬けてみた。葉を主体に20g、ジン200ml、映える爽やかな黄緑色。1日冷蔵庫で寝かせた。改めて思うが、【づけジン】は素材の特徴そのものを大胆に引き出す。

 

 f:id:cymagin:20190628215034j:plain確かに、相当強烈な味わいである。良薬なのか、毒薬なのか?、太田胃散仁丹にも使われているのだから、きっと良いのでしょう。量の問題はあるかも、ちょっとした人体実験。その前にジンのアルコールが問題かも。

 

 飲んでいると、体に臭いが染みつきそうである。クセになる逸品、ジンのボタニカルとして使われる素材を【づけジン】として強烈に味わう、これは楽しい。つぎはどの素材を試そうか。ジンには楽しむ色々な方法が秘められている。

 

ちょい悪る(割る) おジン 「アブジン」+「アブサン」

f:id:cymagin:20190626210722j:plain

 先に、ヨモギを使った【づけじん】を紹介した(下記)。アブサンもどきである。これを「アブジン」と名付けて、おこがましくも、本物の「アブサン」と比較してみた。アブサンもピンからキリまであるが、今回はキリのチェコ産の一品。

 アブサンのアルコール濃度はハンパでない。この一品も70度。とてもストレートで飲める代物ではない。アブサン、基本的には水割りだが、その作り方というか、技法が独特である。穴の開いたアブサンスプーンを使うのであるが、割愛。

 写真のアブサン、緑色のボトルに見えるが、これがアブサンの色。グラスのアブジン、褐色で勝負にならない?。アブサン、妖艶、ゴッホをはじめ、多くの芸術家を虜にしたと言うが、納得。アブジンも飲んでみる。おや?

 確かにアブサンとは違うのだが、スーとした薬草感は結構似ている。比べて飲むことで、アブジンのおもしろさが味わえる。互い違いに飲んでみて、アブジンはより薬草くさいが、アブサンも旨い。「わだば、日本のゴッホになる!」(棟方志功)。

 最後に、「アブジン」と「アブサン」を混ぜてみる。カクテル?名、「ちょい悪る(割る) おジン」。危険な香りがやばい。

 

「ビーフィーター 24」 老舗が造ったクラフトジン

f:id:cymagin:20190623201016j:plain

 スタンダード(クラシック)ジンである「ビーフィーター」(の会社)が造ったクラフトジン。クラフトブームの中で、老舗が造り出したジン、しかも勝負の赤ボトル。クラフトジンは、特徴を主張して生き残る「戦略」がもとめられる。
※当初は赤でなかったらしい。

 このジンの特徴は「お茶」。ビーフィーターのマスターディスティラーであるデズモンド・ペインは日本滞在中に、「茶」のボタニカルとしての可能性に気付き、そこからインスピレーションでビーフィーター24を誕生させた。(この段落はコピペ)

 日本で流通するトニックウォーターは苦味が弱く、ジントニックには物足りない。デズモンドは、様々な茶とボタニカルの組み合わせを実験した末、このプレミアムジンを完成させた。(この段落もほとんどコピペ)

 ボタニカルに何を使うか、クラフトジンの生命線でもある。地元にこだわったもの、オーガニックにこだわったもの、斬新な素材を取り入れたもの等々、様様な工夫が凝らされている。その中のひとつが、ジャパン。海外のジン屋も注目する。

f:id:cymagin:20190623201047j:plain

 実際、日本の素材を取り入れた海外のジンも多く見かけられる。ゴッホの時代、日本の浮世絵などが西洋に影響を与えたとか。単なる興味本位だけででなく、日本の(やさしい)素材はジンと相性が良い。もっともっとありますよ、日本には。

 中央にデンと2424の背景に、ビーフィーターの「いわれ」である近衛兵の影がうっすらと見て取れる。お茶なのに赤?。私なら、茶緑色にして、近衛兵の色々な図柄を配したい。24には色々意味があるらしい、24時間飲みましょう。

 飲んでみると、かすかに苦み。「お茶」なのか?。スタンダードのビーフィーターと飲み比べると、確かに濃厚だし総合的にレベルが高いのだが、私の駄舌では何と表現しよいのかわからない。すごく美味しいビィフィーターでご勘弁を。

 

クラフトジンの火付け役「シップスミス VJOP」、57%は火がつく

f:id:cymagin:20190619195014j:plain

 あまりにも【???】なジンであるこのラベル何?。②SIP?、SHIPでない。③スミスさんが作った?。④VJOP?、VSOPでない。⑤アルコール57%?。このジン、サントリー扱いなので、これらの?を知るための情報量は比較的豊富だ。

 ①蒸留器から白鳥の頭が伸びている。このジンの製造に使われる蒸留器の上部は、その形状から「スワン ネック」と呼ばれる。首からの上を描き加えている訳だが、顔が恐い。ろくろっ首のようでもあり、日本人にとっては「お化け屋敷」かも

 ②SIPは、(味わいながら)少しずつ飲むという意味がある。③スミス(SMITH)は、熟練した職人と言うことだが、なぜ②と③をつなげたのか解らない。語呂が良くて、親しみやすいと言うことか?。「スミスさんの舟」の周りに白鳥が・・・では無かった。

 ④VJOPは‘Very Juniper Over Proof’で、ジュニパーベリーが多くアルコール度数が高い酒を意味する。シップスミスのスタンダード(42%)の倍以上のジュニパーが入っている。VSOPはVery superior old pale(超優れた古い透きとおった酒)。

 f:id:cymagin:20190619195113j:plain

 ⑤最高のジントニックを作るために、スタンダードよりジュニパーベリーを多くする(④)とともにアルコール濃度が高いVJOPが出された。いずれにしても、この強さでは、ストレートは無理。割ること、カクテルことが前提の造り。

 2008年、ロンドンで約200年ぶりに出され、その後のクラフトジンの火付け役となったジンとされる。クラフトジンは、その地域の特徴をアピールするものが多いがこのジンの狙いは、本家ロンドンドライジンの本質・真髄を極めることか

 ちびっと舐めてみるが、強すぎて良くわからない。水を飲み飲み口に含むと、ジュニパーの風味と深みのある風格を感じる。ツワイスアップ(倍量加水)にしたが、味がぼける。やはり、カクテルにすることで力を発揮できるジンと言うことか。
※ツワイスアップのロックは良いかも

 約200台もの小さな蒸留器で醸造される。ボトルの裏にはバッチ(蒸留器)ナンバーが記載されている。00007を探そう、ロンドンだし。

 

【づけジン】 南紅梅(熟)の 「プリマス ジン」漬け 猩猩映え

f:id:cymagin:20190617210156j:plain

 梅酒の季節、スーパーでも梅の果実が並んでいる。最近は(青梅でなく)熟した果実を使った梅酒も人気らしく、今回購入した南紅梅も結構熟している。それを、さらに3日間置いたら、部屋中が甘ったるい空気組成になってしまった。

 急いで、「づけジン」にしてみた。梅340gにプリマスジン500mlで漬けた。梅酒であれば、糖分を入れ、長期間熟成させるのあるが、「づけジン」なので、何も加えず、1日漬けて終わり。写真の通り、とても綺麗で絵になる。

 舐める。香りは、部屋にこもっていた甘ったるい空気そのもの。梅の香りも感じるが、良い香りかというと微妙。「梅の香」という煎餅があるが、もっと濃厚。梅の香りは熟期によって違うし、好みも分かれるかもしれない。

 だいぶ作ってしまったので、しばらく舐めていたら、自分がショウジョウバエになった気がしてきた。猩猩蠅は、果実の腐る前からの熟熟の臭いが大好きだ。人間がハエになるインド映画「マッキー」を思い出した。横浜ジン蠅ってか!。酔った。

 

 

開祖神(ジン)の名を付す 「ボーエ スーペリア スコティッシュ ジン」

f:id:cymagin:20190616171515j:plain

 ボーエは17世紀のオランダで、「ジン」をはじめて作ったとされる医師「フランツ・デ・ラ・ボーエ」に由来する。その名前を頂いて、スコットランドで作られたクラフトジン。いかにも、クラフト(工人)的なボトルだ。

 ボタニカルは13種類、ラベル(裏ラベルの酒側)にも見て取れる。そう言えば、暫く前のワンカップには、酒側ラベルにいろんな写真があった。ラベルの工夫もジンの楽しみのひとつだ。また、ボトルのサイドが凹んでいて、持ちやすい。

 日本の通販サイトなどの説明 → メインのボタニカルとなるcassia(カッシア)は、スカイ島で手摘みされる野生のカッシア・バーク(桂皮)と書かれている。基があって、皆さんコピペで紹介しているので、どのサイトでもほとんど同じ表現で書かれている。

 桂皮は、クスノキ科の常緑高木であるシナモン類の樹皮。シナモン類と言ってもいくつかあるようだが、いずれにしても分布は東南アジア(熱帯~亜熱帯)で、北緯60度に近いスカイ島で採れるわけがない。また、樹皮を手摘みできるわけがない

 

 海外のサイトをちょっと見た限りでは、「スカイ島で手摘み」という表現は見あたらない。これ以上の詮索はやめておきましょう。実は、カッシアと呼ばれる植物が他にある。マメ科のカッシア属で、日本にはカワラケツメイが分布する。

 ケツメイ茶として販売され、アサヒ「十六茶」にも入っている。青森県野辺地町の特産品でもあり、北国でも十分生育でき、手摘みもできる。実に良い香りがあり、ボタニストにしてもとも思うのだが、ボーエのものでは無いだろう。

 f:id:cymagin:20190616171554j:plainジンに戻って、ややスパイシーな風味を感じ、非常にすっきりとした印象。あまり特徴はないが、様様なジュース類と相性がよさそう。りんごジュースと1:1で割って見た。ボーエを加えることで、りんごの甘味と酸味が引き立つ、美味しい!

 

凍~るジン 「アイスジン (ドライ ジン トニック)」

f:id:cymagin:20190613203410j:plain

 サントリーのアイスジンシリーズの定番品。ジンと言えばジントニック、ジンとトニックウオーターで作るカクテル、これを簡単に作ってしまう一品。3倍のソーダで割るだけでジントニックが完成する。しかも、安価に。

 私の中で「カクテル」は、ちょっとお洒落に、ちょっと訳ありの雰囲気の中で、マスターに作って頂きたい。自分で作ってがばがば飲むのでは、「カクテル」に申し訳ない。なので、これは別物。むしろ、チューハイの感覚として頂きたい。

 ただ、最近のチューハイは高度だ。種類も多くて、美味しいし、とにかく気楽に飲める。わざわざソーダで割る必要もない。ソーダで割らなくちゃいけないこの「手間」も、缶チューハイから見ると面倒な作業になってしまう。

 

 最近の若者?は、ミカンの皮を剥くのも面倒という。りんごの皮むきなど論外か。と言うことで?、このジンは、中途半端な感が否めない。この一品も、ストレートで飲めば面倒くさくない。アイスジンなので。冷凍庫に入れてみた。

 凍ってしまった。この商品、アルコールが25%と低いのでスピリッツではなくリキュールに分類されるし、正式にはジンとは呼べない。オリジナルのアイスジンは、37%のスピリッツで、家庭用の冷凍庫では凍らない。

 解凍して飲んでみたら、味が変わった様な気がした。そんなことがあり得るのか?。回答が見つからず、首を傾げているうちに空になった。40%レベルのジンを舐めていると、25%はすいすい入ってしまう。やばい。

 後で知ったが、これを炭酸で割った7%の「缶のアイスジン ドライ・ジントニック」というものがある(あった)らしい。昨年(2018)の期間限定商品らしいが、これなら炭酸で割る面倒はない。そっちで良いんじゃない?

 

 

【づけジン】 アセロラの 「ジンクス オールド トム ジン」漬け 映え

f:id:cymagin:20190604202816j:plain

 アセロラは、カリブ海の島々(西インド諸島)や、周辺の中南米が原産地である。サクランボに似た深紅の果実を食用とする。ビタミンCが非常に多いとされ、アセロラドリンクは健康飲料として人気が高い。

 日本では、最初に導入された沖縄、ほかに鹿児島や、なぜか宮城で生産されている。傷みやすいので生果での販売は限られる。今回入手したのは宮城県亘理(わたり)町産で、町を挙げての生産販売に力を入れている(もちろんハウス栽培)。

 アセロラには、酸味系と甘味系があり、亘理産は酸味系とのこと。と言うことで、甘いジン「ジンクス オールド トム ジン」を合わせてみた。アセロラ80gにジンを100ml入れて約1日冷蔵庫に置いた。綺麗な赤はインスタ映えする。

 ストレートのジンクスと比較して飲んでみたが、違いがわからない。実は、漬ける前の果実を食べてない(酸っぱいのは・・・)。漬けた果実を囓ってみたが、あまり酸味を感じない。元々、酸っぱくなかったのか?。ジンが赤くなることもない。

 と言うことで、味としては失敗?でしたが、見た目はとても綺麗。カクテルのオリーブやチェリーの代わりに使っても良いかも。ジンに漬けても色落ちすることはない。アセロラシロップなどとカクテルして、果実を添えるのも一興か。

 

プレミアムで無くったって良いじゃないか 「グリノールズ ジン」

f:id:cymagin:20190603221806j:plain

  タンカレーとかボンベイサファイアを「プレミアムジン」と称して紹介しているが、最初、何でプレミアムと言うの良くわからなかった。つまり、プレミアムに進化する前のジンがあるということだ。説明になっていない?。

 グリノールズジン、「250年受け継がれたレシピで造られるロンドンドライジン。8種類のボタニカルが醸し出す豊かな香りと、さわやかなジュニバーや柑橘系の香りが印象的」・・・、これ以上の情報を得られない(私には)

 これまでも、このクラス(1000円前後)のドライジンでは、情報が見つからない・・・と愚痴って来たが、このジンも同様である。SNSでは、「トニックウオーターで割ると、トニックが勝ってしまうとある。

 飲んでみる。確かに平凡、「サウスバンク ロンドンドライジン」や「バートンジン」など、このクラスに共通する印象である。その中でも、特徴が無い方かも。炭酸で割っても炭酸が勝ってしまう感じすらある。

f:id:cymagin:20190603221839j:plain

 でも、これで良いのです。プレミアムに進化する前の控えめなジン。水で割ってあげれば、負けません。なんか、自分も控えめな気分になる、やさしくなれる。また、ボトルがよい。最近新しくなったらしいが、癒されるデザインだ。