ジンを楽しみ ジンで遊ぶ

ジン(酒)そのものを味わっています。国内外のジンを紹介するとともにジンで色々遊んでいます。

「プロフェッサー クロコダイル ジン」 人を食った味です

f:id:cymagin:20200529210442j:plain

 

   イタリアのプロフェッサーシリーズ弾は柄。第1弾はムッシュ柄、第2弾はマダム柄、と、それぞれ紳士向き、淑女向きの味わいとか。と言うことで、第3弾は鰐さん向きのジンとなっております。

 肉食の鰐さん、どんな味かわからないが、「人を食った」味と言うことでいかがでしょう。ネットなどの説明では、オールド・トムジンのスタイルらしい。オールド・トムジン、何種かいただいたが、由来などはジンクス・オールドトムジンに書いた(下記)。

 イタのクラフトジン、本当に独特で、華やかさの中に、びっくりするほどの独創性がある。日本のクラフトジンと比較すると、人種による嗜好を解析できるのではないか。卒論のテーマにいかが?、何?、20歳以下でしたか。

 テイスティングは(どっかの)完コピです。香りは、ジュニパーベリーとペッパーの刺激が分かりやすく。徐々にフローラルで瑞々しい葡萄の実、ベリーが感じられる。味わいは、白ブドウの甘さとコショウのスパイシーさがそれぞれに感じられる。石灰を伴ったミネラル、ハーブが舌を刺激して余韻はホワイトペッパー、ジンジャーのスパイシーさが残る・・・

 f:id:cymagin:20200529210517j:plain

わかる? 。こんなに時系列で表現できる人、すごい。私のテイスティング → オールド・トムスタイルと言うが、甘さはそれほどではない。薬酒?と言って良いほどのスパイシー感、やはり「人を食っている」

 先のテイスティングと比べると、相当いい加減、私の限界です。でも、このジン美味しいです。何で鰐かは、わかりませんでした。青森県の大鰐町、ここに行くと食われますのでご用心。毎年、おおボラふき大会をやっています。

 

 

【づけジン】 「バナナ」のジン浸け。 そんなバナナ! な「のか?」

f:id:cymagin:20200527195200j:plain

 

 シュガースポットの出た「エクアドル」バナナを浸けてみました。輪切りにした身60gに、「翠」ジンを100ml注ぎ、約半日冷蔵庫に置いた。バナナそのものは、甘くて美味しい(当然)、残りは今日の昼食となりました。

 バナナ、酒の肴にしているという話はあまり聞かない。チョコレートを囓りながらウイスキーとか、ぼた餅で日本酒とか、人によっては甘い物もアリなのだが・・・、バナナは酒との相性が悪い「のか?」、私の耳に入らないだけ「のか?」

 黒ずんだ液体、(剥いた)バナナを放っておくと黒くなる、そんな色。バナナの味や風味は、ちゃんと濃厚に出ている。それなりにバナナ風味のジンなのだが、微妙。苦みがバナナと合わない「のか?」(そんなに苦くはない)。でも、ちょっとクセになりそう

 一番のびっくりは、「残ったバナナを食べてみたら、ものすごく苦かった」こと(とても食べられたものではない)。理由は、(当然)わかりません。バナナをボタニカルにしたジンってある「のか?」。今回は「のか?」が多い記事になってしまいました。

「サントリージャパニーズジン 翠(SUI)」 なぜ、翠?、サントリーの裏話

f:id:cymagin:20200525200728j:plain

 
 サントリーのスタンダードジンが登場。スーパーにも並ぶ庶民向けのジンという設定か。海外では、タンカレー、ビーフィータ、ゴードン、ボンベイサファイア、ギルビーなどの「スタンダード」と呼ばれる重鎮があって、それを見ながら様々なクラフトジンが生まれてきた。

 日本では、むしろ個性的な(時に奇抜な)クラフトジンが爆発的に展開し、クラフトジンブームを引っ張ってきた。黎明期の「季の美」、「六」、「カフェジン」なども、実はかなり個性的だ。その後も、焼酎ベースや地域特産など、ビックバン!!。

 そのような中での、「」、しかもサントリーという大手。個性には欠けるかもしれないが、ジュニーパーの苦みもそれなりだし、柑橘や山椒の旨みもバランスが良い。ストレートでも美味しいし、多様なカクテルの素材としても適しているのではないか。しかもお手頃な価格。

f:id:cymagin:20200525200755j:plain

 我も我もと個性あふれるジンが多くなる中で、ベーシックでスタンダードなクラフトジンの存在は、ジンの裾野を広げるためにも貴重だ。逆に、このようなジンが出てきたと言うことに、日本のジン文化の定着と熟成を感じる。

 

 ネットでは、いろいろな方がコメントしているので、別筋で。ラベルの、「」、の文字の上には、青く光るカワセミの姿、清流の宝石と呼ばれる。鳥自体、びっくりするほど美しいのだが、キャップなど、合わせて5羽が描かれている。カワセミは、川蝉、翡翠と書くが、実は、「翆」1文字でもカワセミ。しかも、サン鳥~

 f:id:cymagin:20200525200840j:plain

 飲み口も、清流を思い起こせる爽やかさ、新緑、蝉の声、紅葉、凍てつく川面、そして雪解け、どんな季節をイメージンしながら呑んでも良い。そこには、いつもが。

 

「愛知 クラフトジン キヨス」 ジンの価値は何で決まる?

f:id:cymagin:20200520202430j:plain

 

 クラフトジン、少量生産と言うこともあり、高価なものも多い。そんな中、500mlではあるものの1,500円程度で購入できるジンはありがたい。尾張清須市の「愛知 クラフトジ キヨス」、なんか安心して飲める。貧乏性です。

 日本酒や焼酎などを製造する「清洲桜醸造株式会社」、酒の出荷量は東海第一位とのこと。懐が大きいメーカーでないと、このようなジンは造れない。稲沢市の金時生姜、西尾市の抹茶、蒲郡市の蒲郡みかんや山椒など、10種類のボタニカルが使われている。

 「ロックが旨い!」とあるが、まずは常温ストレートで。山椒柑橘がわかりやすく、そのほかのボタニカルも合わさり、程良い風味。甘みもほんのりなので、ややドライなクラフトジンと言える。この価格で、この中身はもったいない。ありがたや

 f:id:cymagin:20200520202521j:plain

 

最近、個性的なクラフトジンを飲む機会が多かったせいか、まともなジンを飲むとほっとする。庶民のジン、しかも美味しい。「ありがとう」なジンでした。「高けりゃ良いってもんじゃない!」と、酔っ払いの常套句で決まり。

 ジンの価値を決めるのは、飲む人です。

 

【合せジン】  「オレンジティー」 ジン近感

f:id:cymagin:20200518194816j:plain

 紅茶花伝(コカ・コーラ)のオレンジティーを飲んでいたら、すごく親近感というか「ジン近感」を感じた。渋みの中にオレンジの香り、この味はいつか・・・(デジャブ)クラフトジンで感じたあの味だ(アルコール入っていないのに)。
 
 と言うことで、紅茶花伝午後の紅茶(キリン)のオレンジティーに、バートンジンを同量注いで飲んでみた。両者(両紅茶)に違いはあるのだけれど、表現が難しいので割愛。ほとんどオレンジティーの風味ですが、今回はアルコールが入っている。

 オレンジのフレーバージンと称しているジンよりも、私的には(かなり)美味しい。ジュニパーベリー+紅茶の苦みと柑橘、合います。ちなみに、紅茶花伝のオレンジティーは「クラフティー」と称している、クラフトティージンの出会いでした。

「フィーラーズ ドライジン 28」 LOTO7 28が欲しかった

f:id:cymagin:20200512215459j:plain

 

 ベルギーのジン。ベルギージェネバ(元祖ジン)の産地で、創業家の‘フィラー’も当初はジェネバの生産をしていた(らしい)。このドライジンが誕生したのが90年以上前の1928年というから、これをクラフトジンと呼んで良いのか?。

 ただ、飲んでもわかるが、スタンダードの(ロンドン)ドライジンではない。クラフトしている。28種類のボタニカルにしても、ホップを入れたり、多様な柑橘を使用している。小バッチの生産など、製品はクラフトジンそのもの。

 ボトルには10ページほどの冊子が付いている。その中のボタニカルの説明を見ると、ベルギーのホップ、コリアンダーシード、アンジェリカルートのほか、インドネシアのシナモン、スペインのオレンジの花と果実、イスラエルのレモン、メキシコのライムなどが並ぶ。クラフっている。 

 個々のボタニカルではなく、多くが調和して味を作っている感じ。ドライジンの基本は残しつつ、ほんのりとした甘さ、柑橘系の爽やかさが際立つ仕上がり、薬臭さはない。私好みのドライでマイルドな一品です。私と同じで、矛盾

f:id:cymagin:20200512215539j:plain

 なぜ、このジンを購入したのか?。ジンには数字が付く銘柄が多いが、これでLOTO7をやりたかったから。28は外せない。LOTO7で遊んだ記事は下記を見ていただくとして、結果として、とても美味しいジンに出会うことができた。

「ゴードン スロージン」 見えないものが見えてくる

f:id:cymagin:20200510195532j:plain

 

 「スロージン」のことや、スロー(西洋スモモ)については、「ロクストンスロージン」の記事を見ていただきたい(下記)。今回は、大御所ゴードンのスロージン、イングランドの「スロージン」文化、なかなか奥が深そう。

 かつて、西洋スモモの果実をジンに漬け込んだことにより、「ジン」の名がついている。が、現在のスロージンは穀物系の蒸留酒にスローを2ヶ月ほど漬け込み、濾過後に加糖して作られているらしい。ロクストンのところで、甘味料は使われていないと書いたが、たぶん違う。

 紫褐色で、相当に甘い。ゴードンドライジンとは対角線上にある印象だが、これを使ったカクテルも数多く紹介され、底堅いスロージンファンが居るのであろう。ジンにスローを漬け込んだ「本来のスロージン」、あるいは、加糖する前のものを飲んでみたい。

f:id:cymagin:20200510195605j:plain

 梅酒とスロージン、家庭で作られてきた庶民の酒、大手などの酒造メーカーも手がけている。加糖するところも含め、通ずるところがある。しかし、このマーク、イノシシに見えますか?、ゴードン ドライジンの記事を見てくください(下記)。

 ボトルを空けてていくと、見えないものが見えてくる。裏ラベルの裏の図柄だ。透明のジンではできない芸当。ラーメンを完食した時に現れる丼の底のようなもの。どんな図柄?、教えてあげません。飲んだ人の特権ですね。


「KOMASA GIN」 日本の柑橘系ジンはこれ

f:id:cymagin:20200507215517j:plain

 

 130年の伝統を持つ小正醸造による、「米焼酎」ベースのクラフトジン。ボタニカルは、ジュニパーベリー、桜島小みかん、コリアンダーとシンプル(3種類だけ?)。メインボタニカルは、もちろん「桜島小みかん」。

 桜島で育つ小さなこの「みかん」、芳醇な香りと濃厚な甘みが特徴という。ネット販売は12月中旬頃にSOLD OUTとなってしまう。地域特産ボタニカルとするジンでも、ひとつの物だけに絞って表現する事例は珍しい。

 小ミカンが焼酎と美味しく融合している。ジュニパー、コリアンダーも割とわかりやすく、「ジン」としての主張も出ている。それほどに甘くなく、ストレートかロックで鼻に抜ける「みかん」を感じながら飲むのが良い。

 先に、「ブルームスバリー フレーバージン」のオレンジとレモンを紹介したが、爽やかさがないことなど、ちょっと期待外れであった。日本人の柑橘のイメージと合わなかったのかも。その点、国産のこのジンは、優しさも感じる調合がお見事。

f:id:cymagin:20200507215643j:plain

 

 ひょっとして、と思い、ミカンを食べながら(残念ながら時季外れなのでオレンジ)飲んでみた。結構いける、柑橘に浸っている~という感じ。小正醸造のHPを見ていたら、ミカンジュース割りというのも出ていた。納得

 

本 「ジンのすべて」  専門はジン臓ですか?

f:id:cymagin:20200505211747j:plain

 

 2020年1月初版、きたおか ろっき著、279pp, 税別2600円。ジンとは?から始まって、楽しみ方、歴史、蒸留所案内、クラフトジンとは?、カクテル、料理とのペアリング、銘柄紹介・・・、とても読みやすいジンの百科事典です。

 内容はともかく、著者にびっくり。著者紹介を転記(抜粋)すると「1991年生まれ(29歳か~)、医師。千葉大学医学部卒業、在学中からジンに傾倒し、サークル主宰や本を自費出版。医師の傍ら、ネットのコラム連載やイベント開催を手がける」、医はジン術?。

 先に、「内容はともかく」と書いたが、実はちゃんと読んでいない。一応、ジン愛好家(愛ジン家)として、本棚に並べておく必要があるかと思った次第。出張の新幹線の中で読もうかと思っていたが、コロナってしまって新幹線に乗ることもない。

 「クラフトジン」のところだけ読んでみたが、原酒の話など、なかなか面白かった。私のブログではワンペーパーだが(下記)、格が違う。本棚には、ほかに「世界と日本のジンを知る辞典」、「Galore 2019.2(世界のジンが大集合)」、「ジン大全」が並ぶ(過去のブログで紹介)。

正道のジンを知るために、この本を。私のブログは邪道、隙間ですから。


「エレファント ジン」 む!ジン象

f:id:cymagin:20200502195036j:plain

 

 エレファントなのにのクラフトジン、しかも、ロンドンドライジン。マニアックですね~。壮大なストーリーのあるジンで、語っていたら(所詮コピペですが)キリがないので、それなりのネット情報などをご覧ください(ここなど)。

 要約すると・・・象牙の乱獲に危機感を持った創設者が、アフリカのボタニカルを組み入れたジンを製造し、売り上げの15%を象の保護に寄付するという話。飲むとアフリカのスパイシーな香りが口に広がるとあるが、アフリカの香りって?。

 

 合計14種類のボタニカルが使われている。ワームウッドはニガヨモギの類で、虫除けに使われる(蚊取り線香の素材に近い)。デビルズクローはゴマ科のハーブで、根が使われるが、実(み)に2本のとげがあるのでこの名前がついたらしい(別名:ライオンゴロシ)。等々

f:id:cymagin:20200502195109j:plain

 重厚なボトル、コルク栓を開けて、ストレートで。甘みと爽やかさ、これはリンゴと柑橘と説明されている。加えて、これまでに味わったことのない香りと、味わい。これがアフリカンボタニカルなのか?。極端にスパイシーなわけではないが、甘酸とのバランスが良い。

 切手調のラベルには、鼻でボトルを持つ?象。下部には「Brazen 264」とあるが、バッチ毎に異なる偉大なゾウの名前が記されているという。かなり美味しいです。クラフトさを感じるユニークなドライジン、斬新なのだけれど落ち着いた一品。

 今日は、15%ほど多めに呑みましょう。奥深い(無尽蔵)な味わいと、無尽蔵な象への愛情を感じながら。

f:id:cymagin:20200502195139j:plain

 

【づけジン】 「ミネオラオレンジ」 ジン的ミス

f:id:cymagin:20200501193814j:plain ブログに掲載しようか?悩みましたなぜか① 結果から言うと、美味しくなかった。先に試したレモンの【づけジン】や、柑橘のフレーバージンもしっくり来ない中で、またまた、がっかり。今回は起死回生と思ったのに。

 なぜか② オレンジだと思ったのに、オレンジでなかった。店頭には数種類のオレンジが並び、POPに「甘味と、酸味。。。」とあったミネオラを選んだ。のだが、オレンジと言うより、ミカンに近い品種らしい。味はオレンジ、形は小型のデコポン(の小)。

 ミネオラオレンジの果肉100g(切れ目を入れて丸ごと)にウイルキンソンジン100ml、同様に皮20gにジン30mlを注ぎ、冷蔵庫に半日置く。皮も身も、レモンまでとはいかないが、苦い(飲める程度)。オレンジのおいしさは、残された果肉に残ったまま、抽出されていない。

 なんか思い通りにいかない・・・隠蔽したい・・・。記録は残さなくては駄目だの一心で思いとどまった。改ざんもしません。どこかの省は、「ジン的ミス」で済ませた。柑橘は幅が広くて奥深い、いつか、【づけジン】に適した品種を求めて・・・

「キュロ コスクエ フィンランド ジン」 13年後が楽しみ

f:id:cymagin:20200428220017j:plain

 

 「キュロ ナプエ」を1年以上前に紹介した。今回は「キュロ コスクエ」。「ナプエ」をオークの新しい樽で3ヶ月熟成させたもの。ただ、ボタニカル組成も若干変えているとのこと。シーバックソーンとバーチをブラックペッパーとオレンジピールに。

 最近、ほかにも、樽で熟成させたジンを見かけるようになった。そのうちに、ウイスキーのように7年とか13年ものとか出てくる?。琥珀色?を舐めるが、ウイスキーとは違う(当然)、クラフトとしては、これも一つの方向かなと感じる。

 3ヶ月で「熟成」と言って良いのかわからないが、飲んでみると納得。落ち着く。常温ストレートがお勧めだが、ホットも良いかも。と、飲んでいるうちにボトルを開けてしまいそうだ!、小瓶なのです。

f:id:cymagin:20200428220054j:plain

 小瓶は高くつく・・・という「酒飲み」基準があり、滅多にを買うことはないのだが、今回は100mlサイズ。東京駅のリカーズハセガワ北口店で、何かを買ったついでに。ついでだったので、小瓶にした?。すぐなくなる、大瓶にしておけば良かった。

 

 1年前に「ナプエ」を飲んだときは、「初見(味)は微妙であったが、味わうほどにクセになる」と締めくくった。1年後の「コスクエ」は、「クラフトなドライジン、北欧系の熟成された緻密さを感じる」としたい。

「ブルームスバリー フレーバージン レモン」 レモン難しい(漢字以外も)

f:id:cymagin:20200427200632j:plain

 

 先に「ブルームスバリー フレーバージン オレンジ」を紹介したが、今回はその「レモン」版。ブルームスバリーについては、オレンジの所で書いたので省略。風味なども「オレンジ」→「レモン」と書き換えればほぼ問題無い。

 オレンジと同様に、「甘い」。ストレートだと、ベトベトする位なので、炭酸で割るか、カクテルの素材として使う方が良い。ただ、【づけジン】「檸檬」でも書いたように、このジンもレモンフレーバーはあるのだけれど、爽やかさに欠ける。

 結局、オレンジレモンも、どうやって飲めば美味しく飲めるのか、わからなかった。きっと、このタイプのジンが好きな方もいるのだろうし、うまくアレンジしたカクテルならこのジンを生かせるのでしょう。

 モヤモヤが残ったままだったので、檸檬堂(鬼レモン9%)にドライジンを入れて飲んだ。これも結構甘いが、爽快感ありで、気分はさっぱりした。レモンは、最後にキュッと搾って入れるか、それf:id:cymagin:20200427200709j:plainを保てる技術が必要かも。

 

 

 

 

 

 

【づけジン】 「檸檬」 青春の思い出は・・・苦い

f:id:cymagin:20200426205822j:plain

 

 ボタニカルとしてレモン系の柑橘が使われたり、カクテルの素材や添え物として使われたり、ジンにとってレモン無くてはならない代物である。【づけジン】でも、相性が良いことだろう。防かび剤を使っていない広島産のレモンを使ってみた。

 バートンジン100mlに目一杯「輪切りのレモン」を入れ、冷蔵庫に半日置く。駄目でした。相当に苦い。ちょっと飲む気にサエならない。きっと、皮が苦いのだろうと、皮と、果肉に分けて、同様に浸けてみた。

 皮だけを浸けたものは、やはり相当に苦い(飲めない)。果肉だけの方は、苦味は少なく、酸味のあるレモン味ではあるが、期待していた「爽やかさ」はない。爽やかでないレモン味。炭酸を入れても、レモンサワーにはならない。

f:id:cymagin:20200426205842j:plain

 レモン、【づけジン】には向きませんでした。【づけジン】は、浸けたものそのものが表現されることが多いのですが、時に裏切られる。逆の場合もあって、そこが面白い。今までの最高はラズベリーの【づけジン】でした。

www.cymagin.com

 

「ロクストン スロージン」 で スローなジン生を

f:id:cymagin:20200422231544j:plain


 ジンの種類は、(ロンドン)ドライジンジェネバ(系)、シュタインへーガー(系)、オールドトムジン(系)、これに、スロージンを入れることもある。昨今のクラフトジンは多種多様で、別扱いにする方が良いのかもしれない。 

 それは別として、今回は、⑤のスロージン。実は、ジェニパーベリーを使っていないし、alc.も25%程度なので、スピリッツではなく、リキュール。と言うことで、厳密にはジンでないかもしれないが、ジンと名前がついているので、このブログではジン(寛容な精神で)。

 スピノサスモモ(西洋スモモ)に成る果実を「スロー」と言い、それを漬け込んで作られるイングランドの田舎の果実酒であf:id:cymagin:20200422231517j:plainり、日本の「梅酒」的な存在と言える。ただ、有名どころのジンメーカー(ゴードン、ボルス、シップスミスなど)でもスロージンを出しているので、日本でも数種類は吞むことができる。スロージンを使ったカクテルも多い。 

 吞んでみる。色は濃い赤紫色で、プルーンと同じような色合い。結構甘いが、甘味料は使われていないとのこと、その他の添加物も。ピリッとも来ないので、ジュース感覚で(美味しく)飲んでしまう・・・、25%はあるので、それなりに酔う。 

 ラベルのデザインはなかなか洒落ているが、Roxtons for Japan Import System とあるので、完全に日本向け製品。疲れた時に頂くと、ゆったりした気分になります。スロー(SLOE)で、スローf:id:cymagin:20200422231557j:plainSLOW)、スシローではありません。