ジンを楽しみ ジンで遊ぶ

ジン(酒)そのものを味わっています。国内外のジンを紹介するとともにジンで色々遊んでいます。

「アガラス ジン」 常識はくつがえる

f:id:cymagin:20210720192919j:plain 南アフリカの喜望峰(ケープ ホーン)、インド洋と大西洋を分ける地点として教科書に・・・。ところが、アフリカ大陸の最南端は、「アガラス岬」です!。その名前を付したこの南アフリカ産のクラフトジン、常識を裏切る美味しさを[喜望]しましょう。

 最近のブログ(下記)でも取り上げてきた「さとうきび」ベースのジン。ボタニカルは、ジュニパーベリー、ワイルドブーク、アンジェリカルート、ハニーブッシュ、コリアンダー、レモンピール、ラベンダー、パラダイスシード。さらに、南アフリカ大陸最南端の海水を加えたとある。

 ボタニカルの「ブーク」、「ブッコノキ」とも称され、ミカン科アガトスマ(Agathosma)属の常緑低木である。野生のブークは、生育する間もなく切り取られる位の人気で、精油は、柑橘系のすっきりとした爽やかな香りとか。

f:id:cymagin:20210720192941j:plain ストレートで飲んでみる。甘味、酸味、苦味(塩味も?)、濃厚なのだが、重くないという不思議さ。ロックも最高に楽しめるが、炭酸割りにしてみると「ほろ苦いシトラス」感が得られる。ホットでもいけそう。色々と楽しめそうなジンです。

 この「アンブレラと自転車」の軽~いボトル画、その由来はわかりません。「濃厚だけれど軽い」を表現している?。もし、シックなボトルだったら飲んだ時の印象も違ったかも。ジン、多様性と意外性が魅力です(アガラスで再認識)。

【 外ジン(ジン以外のお酒)】 ピンガ「ベーリョ バヘイロ」 サウージ(乾杯)

f:id:cymagin:20210717204834j:plain ジンと同じ「スピリッツ」の類。かつて、ブラジルの方を「おもてなし」する機会が何回かあり、お土産に持ってきてくれたのが、「ピンガ(Pinga)」。えらく盛り上がって、我が家で飼い始めたウサギの名前を「コエリョ」と名付けた。ポルトガル語でウサギ

 ピンガ、サトウキビを原料とする蒸留酒。一般的には、「カシャッサ」として区分されるが、ブラジルには約1万5000もの蒸留所と約4000のブランドがあるとか。地域によっても呼び名が違う、ピンガはサンパウロ圏の呼称らしい。

 材料からして「ラム酒」の類であるが、ブラジル原産のさとうきびジュースを使っていないとカシャッサとは名乗れないとか。この記事を書いているうちにブラジルの方と飲んだ時を思い出してきた。ライムと砂糖を入れたカクテル「カイピリーニャ」、乾杯は「サウージ」・・・。

 日本に、サトウキビをベーススピリッツとするクラフトジンがあります()。また、最近国産のラム酒も面白い(下記:伊江島のラム酒)。時々は、ジンに近いお酒を頂くことで、ジンの見識を深めたい。?、酒飲みの口実です。飲み続けてみる、甘くて刺激的、サンバラムです。

「火の帆(HONOHO)KIBOU 」 こんなブログで紹介するのは申し訳ない

f:id:cymagin:20210715195952j:plain 「ひのほ」でなく「ほのほ」北海道は積丹半島、半島の「活性化」をきっかけとして開発されたクラフトジン。このジンの物語については、公式HPなど(下記)を見て頂きたい。名前の由来(なぜ、ほのほ?)、さらにあまりにも壮大な構想と熱き想い、ここで簡単に紹介するのは申し訳ない。

 「株式会社積丹スピリット」の強みは、ボタニカルの自社栽培から蒸溜までの一貫工程とか。第一弾KIBOU(希望)に使用したボタニカルは、ジュニパーベリーなどの基本素材の他、アカエゾマツ、7種のハーブ、エゾヤマモモ、エゾミカン、キタコブシ、オオバクロモジ、ホップ、エゾノカワラマツバと言った積丹、北海道の産物。

f:id:cymagin:20210715200012j:plain 期待を込めて、飲んでみる。これまでに味わったことのない不思議な世界。多くのボタニカルが織りなす中で、針葉樹の、しかも「青臭くない針葉樹」の存在を感じ取れる。同じ北国在人として、なんとなく親近感を覚える味わい。

 下記のBar Timesのテイスティングノートでも、アイヌの人々が「森の女神」と呼んだアカエゾマツの深いオレンジの香りを基調に・・・キタコブシのほのかな甘みに加え、エゾヤマモモのスパイシーさと、エゾミカンのほろ苦さと表現している。こんな感じです

Shakotan Spirit | 積丹スピリット (shakotan-spirit.co.jp)

火の帆(HONOHO)KIBOU誕生 | バーをこよなく愛す、バーファンのためのWEBマガジン (bar-times.com) 

 

「ジェネラス ジン」 五感にジンジン響く

f:id:cymagin:20210713191854j:plain  【】。白い磁器風だが、ガラスに直接色彩したボトル(シールではない)。ずっしりとした重量感、奇抜だけれど落ち着いたコスメさすがフランスです。ボトルに相当のエネルギーがかかっている(代価も)。中身に期待!。

 「ジン大全」(本 「ジン大全」で、「宍戸大全」が蘇る )にも掲載されている。要約すると、「ラム酒などを手がけるオードヴィー社が「エデンの園にある生命の樹を象徴する酒を造りたい」との創業者の夢を叶えたもの」とか。よくわからないが、確かに「樹」は描かれている。

f:id:cymagin:20210713191917j:plain 「華やかでエレガントな香り」との説明がある。呑んでみる、これ、かなり「ガツン」です。ジュニパー以外のボタニカルは、シトラス、ジャスミン、ピンクペッパー、エルダーツリーとあり、それなりに感じることができる。ガツンは、ジャスミンペッパー

 「ジェネラス」、気前が良いという意味の他、コク・芳醇と言った意があるらしい。(視覚)見た目で楽しみ、(触覚)ボトルの重さを感じ、(味覚、嗅覚)シンプルな濃厚さを堪能する。(聴覚)は?・・・中身が見えないボトル、どのくらい残っているか振って確かめる。

 

【づけジン】トマトをGINに浸ける トマトの漢字表記は?

f:id:cymagin:20210709221506j:plain 直近のブログ、①トマトのお酒「Toma Toma」、②トマトをボタニカルとする「ブラックトマト ジン」を紹介した(下記)。その流れで、次はトマトの【づけジン】。ミニトマト100gにドーバージンを100ml注ぎ、約1日半冷蔵庫に静置した。

 浸けたトマトは甘くとっても美味しい。けれども浸け残ったトマトは、渋くて食えた物では無い。この残渣の苦さは、他の【づけジン】でも見られる。ジン(ジュニパー ベリー)の移り味か、素材の変質なのか?。

f:id:cymagin:20210709222019j:plain


 トマトを濾過して飲んでみる。ほんのり黄色に色付いているが、赤色は全くない。トマトの香りはほどほどで、青臭さが残る。トマトの赤い色が抽出される!とか、トマト味がビンビンと来るとか!期待したが、はずれ。報告終わり

 ミニトマトは(浸けずに)ちょっと塩をつけて、肴につまむのが良い。キュウリ、カボチャ、ナス、インゲン、スイカなど、漢字を連想できるが、トマトは?

「ブラックトマト ジン」 ブラックボックスです!

f:id:cymagin:20210705200235j:plain ブラックトマト、苗はホームセンター等でも売られているらしいが、栽培経験が無く、残念ながら写真には使用できなかった。トマト、最近は緑とか縞模様とか、大きさや形も含めて映えています。ブラックトマトも、ミニトマトから中玉まで数種類があるようだ。いずれも果皮が黒い。

 ブラックマトをボタニカルとしたオランダのクラフトジン、詳しいレシピやボタニカルの種類等は非公開とのこと。ブラックボックスです。海水を数滴入れていると標榜しているが、数滴って、何に対しての数滴かわからない(タンク?ボトル?)。

f:id:cymagin:20210705200314j:plain ボトルとラベル、いかにもブラックで、封を切るのに決断が必要でした(購入から1年)。香りはトマト感が無く、口をつけても、どうと言うことは無かったのですが、数秒後にトマト感、それほど強烈では無いけれど、トマト継続です。

 評価は難しい。トマト味のジン、興味本位かな。ストレートかロック、ホットなら特徴を出せるかもしれないが、これでカクテルは難しい?。トマト好きの方、フォローをお願いします。

f:id:cymagin:20210705200431j:plain

 

【 外ジン(ジン以外のお酒)】 「TOMA TOMA」 ・・・トマトジンの布石

f:id:cymagin:20210704195750j:plain
 先に「キュウリとジン」について攻めてみたが、今回は「トマト」。個人的には、トマトとお酒の相性には疑問符が付くのだが、キュウリよりはマシか?。リカーショップ「やまや」に行って、トマトのお酒があるのにびっくり。

 しかも、サントリー。興味のある方は、HPを見て頂くとして、その売りは、①旨みのあるトマト感、②心地よいお酒らしさ、③色鮮やかな天然の赤色、④フルーティーで程よい甘さ、⑤隠し味に一滴のスパイス。面白そう。

 アルコール濃度は12%、甘さもあるので飲みやすい。結構なトマト感覚で、スパイスも効いていて美味しい。ちょっとジンを足してみたが、違和感は無い(キュウリとは違う)。ジンのブログなので、ここからジンにつながります。トマトをボタニカルにしたジン、次回です。

「ゴードン ジン クリスプ キューカンバー」 で、カッパをおびき寄せよう計画

   キュウリをボタニカルとするジンとしては「ヘンドリックス ジン」が知られている(下記)。老舗ゴードンも、キュウリをメインにしたジンを出してきた。飲んでみる。キュウリと言えばキュウリだが、結構青臭く、化学的な香りも感じる。

f:id:cymagin:20210703192643j:plain

 日本人と欧米人、キュウリに対する感覚(味覚など)がかなり違う?のか。私、キュウリ味噌を付けてジンの肴にしようと思うけれど、キュウリをボタニカルにしたジンは興味だけ。実際、それ程美味しいとも思わない。

 インド北部が原産地の「キュウリ」、日本への渡来は平安時代と古い。イギリスでは、キュウリだけのサンドイッチがあったり、キュウリアイス、キュウリハンドクリームなど、独特のキュウリ文化が見られる。不思議だったキュウリとジンの組み合わせ、深い事情があるようです。

f:id:cymagin:20210703192822j:plain

 昆虫の世界には、「フェロモン」というのがあって(性フェロモンとか、集合フェロモンとか)、これを化学的に合成してトラップに仕掛け、害虫を引き寄せるという防除手法がある。このジンを、カッパが居そうな淵の近くにセットし、引き寄せるという企画はいかがでしょう。

「黄桜クラフトジン 「花物語」」型崩れしないジャパニーズジン

f:id:cymagin:20210624192539j:plain あの京都の蔵元「黄桜」が送り出したクラフトジン。日本のジンの多くは、焼酎など、蒸留酒系メーカーの参入事例が多い。日本酒好きとしては、飲まない訳にはいかない。ラベルも鮮やかで雰囲気にも惹かれる(写真で表現しづらい)。

 ボタニカルは、社名ともなっている黄桜(ウコンザクラの葉と花)、老舗「北川半兵衛商店」の宇治抹茶柚子山椒など。ちなみに、黄桜は2018年にウイスキー免許を取得し、現在熟成中とか。その前段階でジンを提供する・・・というのは良くあるパターン。

 残念なのは、基となるスピリッツの情報が得られなかったこと。黄桜酒造は米焼酎も出しているが、日本酒とのつながりを知りたかった(酵母とか)。日本酒メーカーとして、日本酒をジンにどう繋げたのかというストーリー。「和ジン」(下記)など、日本酒ベースのジンもある。

f:id:cymagin:20210624192623j:plain ストレートで飲んでみる。確かに桜の葉の香り(桜餅イメージ)が主体となっているが、甘みも抑えられ、お茶や山椒などとも一体化され、浮かれたところは無い。想像していた以上にしっかりとしていて、炭酸で割っても型崩れしない

 「花物語」、桜などの香りも特長で、これは「鼻物語」でした。ジンではカッパ(キュウリ)をボタニカルとする逸品もある。次は、是非「カッパ物語」を。黄桜はカッパッパです。

 

「ダラム ジン」 ハリーポッターは30歳

f:id:cymagin:20210622194318j:plain 、裏ラベルの内側に描かれているのはイングランドの北東部、スコットランドに近い都市ダラムダラム大聖堂(ノルマン様式の教会)の正面、見上げたところに配置されたステンドグラスをイメージしたもの(らしい)。

 このダラム大聖堂、1093年に創建された由緒ある建物で、「ハリーポッター」のロケ地としても知られている。ダラム(DURHAM)は、ダラム城も含めてユネスコの世界遺産としても登録されている。近郊のダラム蒸留所で作られたクラフトジン。

 昔ながらの銅製スチルを使った地元密着型のハンドメイドが売りで、10種類のボタニカルが使われている。一般的なボタニカルが主流だが、ダラム産の「セロリシード」に注目。私、セロリ好きで、セロリ糠漬けとチャーハンは垂涎もの。

f:id:cymagin:20210622194353j:plain 飲んでみる(ストレートで)。最近、風変わりなジンを飲む機会が続いていたので、久しぶりに王道のロンドンドライジン。柑橘も程よく、甘みも柔らか、なんとなくセロリも感じる

 

 個人的にはハリポタにあまり思い入れはないが、30歳になったラドクリフに「ダラム ジ」で乾杯(アルコール依存症にならない程度に)。さっぱりとした爽やか系のジンでした。

「茶神 角笛(つのぶえ)」 3種類の茶神を飲んでみて・・・

f:id:cymagin:20210614204035j:plain 茶神の3本(種類)目。ラベルに記されている説明書きには、【仄かに香るジャスミンの優しい雰囲気。茶葉の苦みも効いています】とある。原材料は、ジャスミン茶(鹿児島産)、ジュニパーベリー、コリアンダー、醸造用アルコール、本格麦焼酎、はちみつ。

 これまでの「紅葉」「丿貫」では、名前とお茶との繋がりを見つけたが、この「角笛」は??。色々探りを入れてみたが、お手上げお茶を濁すジャスミン茶は、茶葉にジャスミンの花の香りを吸着させた物。

f:id:cymagin:20210614204119j:plain 口に含むと爽やかなジャスミンの淡い香りと、お茶の柔らかな渋みが広がる、ハチミツの甘みも。3種類の「茶神」を飲んでみたが、使っているお茶(紅茶、番茶、ジャスミン茶)の特徴が出ていて、楽しく飲むことができた(意外と)。

 この企画は「あり」だと思うのだが、私的には甘さを控えた物も飲んでみたいジンとお茶、お茶の種類も様々なので、この組み合わせは今後も期待できそう。【づけジン】(下記)でもやってみよう!

  ★★ 宗政酒造の松尾様から連絡を頂いた。「角笛」のフリガナ(読み方)は「ホルン」とのこと。それでも、お茶とのつながりがわからない・・・。

「茶神 ノ貫(へちかん)」 「ノ」は漢字

 

f:id:cymagin:20210613204437j:plain 茶神の2本(種類)目。ラベルに記されている説明書きには、【仰天のスモーク感と滋味に心震える京都名物・炒り番茶のジン】とある。原材料は、番茶(京都府産)、ジュニパーベリー、コリアンダー、醸造用アルコール、麦焼酎、黒糖

ノ貫」、千利休と同時代の風変わりな茶人として紹介されている。利休とは正反対、高価な茶器には無関心で、美味しいお茶を振る舞うことができれば良いという道。風変わり?、こっちの方がまともだと思うのだが、秀吉には合わない。茶人→茶ジン、この繋がりでした。

 燻製感のある香ばしさ黒糖のコクのある甘さ。どっしりした感じ。先の「茶神 紅葉」と同じ流れだが、濃いめの番茶に黒糖を溶かし、さらにジンを多めに入れるとこんな感じになりそう。ちょっと甘過ぎかとも思うが、悪くは無い

f:id:cymagin:20210613204505j:plain 気になったのが沈殿物、瓶底に5mm程堆積している。「紅葉」「角笛」にも見られるが、これほどでは無い。何せ、入手してから1年くらい経つ。風味などが変わっているかもしれない・・・。でも美味しい

「茶神 紅葉(くれは)」 ホッとけませんな

f:id:cymagin:20210612212738j:plain 「茶神」の1本目。ラベルに記されている説明書きをそのまま転記。【アールグレイ優雅な香り濃厚なコク。蒸留の際に用いるのではなく、浸漬抽出することで茶葉の香味成分を余すところなく遷(うつ)し取った特製の茶ジンです】

 原材料には、紅茶(佐賀県産)、ジュニパーベリー、コリアンダー、ベルガモットオレンジ果汁、醸造アルコール、本格麦焼酎、メープルシロップとあり、alc.濃度は40%。「紅葉」は「もみじ」では無く、紅茶の葉か~

f:id:cymagin:20210612212831j:plain 結構甘めで、口当たりは良い。紅茶の風味も感じられる。濃いめの紅茶にメープルシロップを足し、さらにジンを多めに入れるとこんな感じになりそう。ジントニックがおすすめとあるが、ここはホットで(今時?)

 倍量のお湯で割ってみた。正に、前段の「濃いめの紅茶に・・・」で作ったと言ってもわからない、かも。他のボタニカルも微かに効いている。疲れたときにはホッとする一杯になりそう。

「茶神(ちゃじん)」 三種のジン器

 

f:id:cymagin:20210610221838j:plain お茶をボタニカルとするクラフトジン、これ意外と多い。海外のジンでも見かけられる(下記)。「茶神(ちゃじん)」、メインボタニカルをお茶にして、名前にも茶を付した 。二礼二拍手一礼・三杯で頂きます。

 入手できた「茶神」は3種類(3人の神様)。①「紅葉(くれは)」、②「ノ貫(へちかん、べちかん)」、③「角笛(つのぶえ)」。ラベルにも「ふりがな」が欲しい。お茶の種類とボタニカルの組み合わせ、楽しめそう。

 ①②③それぞれについては、個別にブログることにしたい。ご紹介が遅れましたが、佐賀県の宗政酒造(焼酎「 のんのこ 」など)が世に送るジンです。比較的新しい蔵本で、様々なお酒のスタイルに挑戦する中での、このクラフトジン。

 実は、入手したのがほぼ1年前。当初こんなに色が濃かったか?(ちょっと心配)、ネット画像で見る限り、販売品の色もこんな感じ。カテキン?ポリフェノール?、健康に良いのか?、神のみぞ知る

 

 

「クレイジーマンデー ジン」 道化師(ピエロ)、素顔は?

f:id:cymagin:20210607224743j:plain いや~、クレイジ~だ~風味が。とにかくハーブがハード(濃厚、強烈)。洋風の深~い薬酒!、秘密がかった液体、実にクレイジ~どんなボタニカルが使われているのか・・・、この狂喜を生み出している材料は何なのか?(ジュニパーベリー以外)

 【アマゾン】では、ショウガ、甘草、カルダモン、シナモン、コリアンダー、クローブ、ナツメグ、ユニ・ブラン(ぶどうの品種)など、【ジン大全】では、コリアンダー、アンジェリカルート、カルダモン、オリスルート、ライムゼスト(ライムの皮の摺りおろし)、ブラックペッパーなど。

 【リカーマウンテン】の通販説明には、ブルーベリーも出てくる。共通点が少ない「など」が重要なのかも。重厚な柑橘系の要素は、ライムゼスト?。これ以上の探索は諦めた。様々なボタニカルの集合体としましょう。

f:id:cymagin:20210607224845j:plain ベルギーの小さな村で造られ、その地の伝統的なお祭り「クレイジーマンデー」の名を付した、とある。が、(他のブログにも記されている様に)そんな行事はネットでヒットできない。これもまた不思議さんだ。

 ラベルの絵、「」とか。ボタニカルも、名前の由来も良くわからない。写真の赤線、被覆プラのミシン目に沿って付けられているが、これも演出?。素顔が見えない → 道化師(ピならではの演出?

 今日はマンデー、クレージーな一日でした(コロナ禍のオリパラ、菅の空虚な安心安全答弁)。このジン、最初は??でしたが、クレージーに癖になる美味しさです。