ジンを楽しみ ジンで遊ぶ

ジン(酒)そのものを味わっています。国内外のジンを紹介するとともにジンで色々遊んでいます。

あれやこれや

「TYO ジントニック」 サントリーの開発担当の顔を見てみたい

サントリーから、なんとも不思議なジントニック缶が出た。【「もう今日は終わりでいいじゃん」のお酒】、と【あの田中が一杯目に必ず飲むやつ】だ。TYO「Tomodachiga Yatteru Bar」との共同開発品。 「もう今日は~」も、「あの田中~」も中身は同じ。HPの入…

「品川駅に「粋」ジンの垂れ幕」 あれ?これ、シャガール?

品川駅に【サントリー「粋」ジン】の巨大な垂れ幕が3枚!。久々の東京、圧倒される。サントリー、最近、ジンの増産計画を公表し、平野紫耀さんと東京03の角田晃広さんの「粋」CMも頻繁に見かける。 その決め台詞は「いと清々(すがすが)し。」 最初、誰だ…

「チョコレート ボンボン クラフトジン和美人」 ホワイトデーは・・・

ボンボン、「バレンタインデー」に頂きました。クラフトジン「和美人」を使ったチョコ、alc.は3.5%。素敵なパッケージ、日本のジンもここまで来たか・・・と思い、ネット検索をしましたが全く引っかからない。季節物はしょうがないのか。 「ハマダコンフェクト…

「シンレモン・サワー」 シンジン類、新ジン から 真ジンへ

「ジン缶」もの、最近多く見かけるようになり、これまでもいくつか紹介してきた。そんな眼で酒缶コーナーを物色していると・・・「ジン・レモンサワー」が・・・、サッポロもジン缶を出したか~、500と350ml 缶をカゴに。 レジも終わり、マイバックに入れる・・・「あ…

「東京酒粋 ジンソーダ」 そして誰もいなくなった

鹿児島の本坊酒造が造る「Japanese GIN 和美人」をベースにした「GIN & ソーダ」、「酒粋(しゅすい)」とは粋なネーミング、しかも頭になぜか「東京」が付されている。2023年6月からの販売だが、ちょっとしたミステリーが。 その前に、「和美人」のボタニ…

「ノンアルアワー ジン&ソーダ」 ノンアルをアルアルにして飲む

「ジン&ソーダ」とあるので、ノンアルでもブログに載せたい。けれど、アルコールの入っていないものにそんなにお金をかけたくない。しかし、小単位での販売(通販)が無い。結局24本入りBOXで買いました。 原価は2,435円ですが…、クーポンとか、楽天セールと…

「アサヒGINON(ジノン)レモン」 東北人でない人が可哀想

先に「GINON(ジノン)グレープフルーツ」を紹介した。同じシリーズの「レモン」、これも「東北限定」です。結果(オチ)を先に言うと、やっぱり「絶品」、東北以外の人がかわいそうなレベルの「絶品」です。 最近、レモンを使った缶酎ハイ類が賑やかだ。い…

「アサヒGINON(ジノン)グレープフルーツ」 東北人のジン、これよ!

GINON、発売は2023年3月22日なので1年近くなるのだが、東北エリア限定(青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島)と言うこともあり、紹介が遅れてしまった(隠しておきたい美味しさ)。「レモンサワーに不満がある大人たちへ」という(過激な?)キャッチコピ…

「秋田杉GIN ハイボール」 肴は「じゃこ天」

出張の帰途、東京駅構内の「KINOKUNIYA」に寄る。これからの「はやぶさ」の3時間、楽しみは海老カツサンドと昼からのジン。「サントリー粋ジン」缶を買おうと思ったら…このジンがありました。最高の出張です。 「秋田杉GIN(下記::500ml 46%)」を紹介した…

「ホーフハウト レイカ ジュネヴァ No.45」 やってしまった・・・

ジンの種類、数年前までは ①(ロンドン)ドライジン、②ジェネバ、③シュタインへーガー、④オールドトム、これに、⑤スロージンを加えることもある・・・と言うのが通例でした・・・が、クラフトジンの台頭で様変わり。 オランダのジェネヴァ、ジンの元祖とも言えるジ…

「サクラオ 桜尾 ジントニックテイスト ノンアルコール」 たぶん美味しい

桜尾のジン、広島の美味しいクラフトジンとして紹介した(下記)。そこの350mlジントニック缶、何とノンアル。ノンアルなのでジントニック「テイスト」としているのか。ノンアルのジントニック、ここまで来たかのジンブーム。 実は・・・私飲んでいません。知人…

「サントリー ジン 翠 1.8L ペットボトル」 神になる?

スーパーのスピリッツ売り場に立ち寄ったら、見慣れぬペットボトルが・・・なんと「翠」の一升ペットボトルだ!。「翠」、販売好調と聞いていたが、ついにPB。中身が認知されたので、ペットボトルでも大丈夫と判断したか。 「翠」については、これまでも紹介…

「フィーバーツリー トニックウオーター」 (3回にわけて紹介)その3 フィーバーツリーはキナの木?

先に、フィーバーツリーの派生プレミアル・トニックウオーター6種類を紹介し、詳しくは後日と書いた。その第3弾。今回は【トニックウォーター】と【ソーダウォーター】 【トニックウォーター】単なるトニックウオーターでは無い → プレミアム。天然水を使…

「フィーバーツリー トニックウオーター」 (3回にわけて紹介)その2

先に、フィーバーツリーの派生プレミアル・トニックウオーター6種類を紹介し、詳しくは後日と書いた。その第2弾。今回は【ジンジャービア】と【ジンジャーエール】 【ジンジャービア】アイボリーコースト(コートジボワール)のグリーンジンジャーなど3種…

「フィーバーツリー トニックウオーター」 (3回にわけて紹介)その1

先に、フィーバーツリーの派生プレミアル・トニックウオーター6種類を紹介し、詳しくは後日と書いた。その第1弾。今回は【メディタレーニアン】と【エルダーフラワー】 【メディタレーニアン】メディタレーニアンは「地中海」のこと。コンゴ共和国のキナや…

「日の丸ジン 蔵風土 ソーダ缶」 計画的販行;缶ペキ、完璧

ベース(本体)となる「日の丸ジン 蔵風土」については、【いかにもクラフトなジン】として下記に紹介した。2022.8、本体からわずか1ヶ月遅れで缶が販売されている。これは「計画的な犯行(販行)」だ。 本体の「日の丸ジン 蔵風土」に単にソーダを加えて作…

「カバラン バー カクテル ジン&トニック」 アジア缶、アジア感

台湾のジン「カバラン」、下記のブログで「暑い日にプールに飛び込んだときのような、すがすがしさと優雅さを感じられるジン」として、また、ジンは「琴酒」と書く(禁酒ではない)ことなども紹介した。 その「カバラン」を使ったジントニック缶。原酒の柑橘…

ジンベースの「スリングショット」 口の中でカクテルを作る?

シュガーシロップのカップを大きくした様な容器(30ml)、中が螺旋(らせん)状に2室になっている。それぞれの室には、異なったリキュールが入っていて、ラベルを剥がして、2室の境の所から呑むことで口の中で混ぜ合わされる。 「ショットリキュール」と言…

【合わせジン】ホッピーにジンを合わせる。北国の微妙な反応

先日寄った、酒の「やまや」のジンコーナー、「ジン×ホッピー」のPOP(ポップ)。お世話になっている「やまや」さんなので、早速ホッピーとサントリーの「翠」ジンを購入してチャレンジしてみました。 「ホッピー」、北のこの地ではかなりマイナー、飲み…

トニックと言えば「フィーバーツリー」 の派生トニック・・・パニック

「フィーバーツリー」、2004年、ロンドンで出されたトニックウオーター。そのフィーバーツリーが出した「派生トニック」。トニックウオーターが単なる「割り剤」で無いよ!と言いたい品揃え。 ①メディタレーニアン、②エルダーフラワー、③プレミアム、④ジンジ…

「棘玉 クラフトジン(ファースト バッチ)」 ブログ始まって以来の珍事!

「棘玉(とげだま)」については、だいぶ前に入手し、紹介した(下記)。今回の「棘玉」のラベルには、LIMITED 100 The FIRST BATCH とある。「限定品100 最初のバッチ」と訳せるが、ちょいとわからない。 私なりに、バッチとは「ひとつのタンクで作る1回分…

「ビーフィーター」へんげ! 今更? 気がつかなかった!

スーパーの「スピッツ」売り場、特に買う気も無くチラ見したのですが、何かが違う。ひとつひとつ確認すると、「ビーフィーター様」のお姿が違う!。天下のBEEFEATERの変化(ヘンゲ)はブログ掲載事項です(写真右が新)。 とは言っても、ラベル等の違いを写…

ビッグボス/ビッグボトル SDGsなジン

流行(はやり)のクラフトジンばかりを飲んでいたら、懐が干上がってしまう。日頃は大容量ペットボトルのジンを飲んでいる。私の「ご愛用」は3酒。①バートン ドライ ジン、②アシュビーズ ジン、③ドーバー ドライジン45 詳しくは下記を見て頂きたいが、①②は…

ジンを食べながらジンを飲む/「オットギ ジン ラーメン」 No.2の心地よさ

オットギ(だるま)社、韓国を代表する食品メーカーのインスタントラーメン「ジン」。韓国No.2の売り上げを誇る。1989年発売以来、ずっとNo.2らしい。No.1は、農心の「辛ラーメン」。世の中、No.2の方が心地よいこともあります。蓮舫さん、2位でも良いです…

「ジンを楽しみ ジンで遊ぶ」ツイッターでも紹介しています

ジン、楽しいです。ダイエットしながら呑むのならジンです。

類ジン遠 「ノンアルコールジン NEMA」

現在、酒「自粛」中。そこで入手したのが、国産「ノンアルコール ジン」。裏ラベルの品名は:清涼飲料水(ボタニカルウオーター)、原材料は:バラ、ジュニパーベリー、コリアンダーシード、カルダモン、ラベンダー。ジンのボタニカル達だ。 事前にネットで…

「シュタインへーガー系 ジン」 を飲み比べてみる 二十日大根添え

ドイツ在来のシュタインへーガー系のジン、これまでに「シュリヒテ シュタインへーガー」と「シンケンヘイガー」を紹介した。地元では、様様な銘柄があるのだろうけれど、私が入手できたのは、この2つだけ。 参考になるものを探していたら、先に紹介した「…

おそるおそる ツイッターと連携させてみました

一度、ツイッターと連携(書いた記事をツイッターで紹介)させたのですが、その時、ツイッターアカウントを乗っ取られて、ひどい目にあいました。と言うことでビビっていたのですが、再チャレンジ。以下、ツイッターの紹介文です。 ブログ「ジンを楽しみ ジ…

愛ジン録⑧ 2019.9~2020.2 「ジンで遊んだ」 リスト 【づけジン】 20種類(累積43種類)など

写真:雪中「メジロ」と 「バスタブ ジン」 ★【づけジン】で遊ぶ 【づけジン】は。字のごとく、「もの」をジンに漬けるのですが、果実酒のように長期間漬けるのでなく、半日から1日、場合によっては、時間単位、長くても2~3日。そんな遊びです。全く公認…

愛ジン録⑦ 2019.9~2020.2 吞んだ「日本のジン②」 10種(累計28種)

【写真】雪をかぶった「シナノマンサク」の花と 「まさひろ オキナワジン」 アイスジン (レモン+ライム):「アイスジン (レモン+ライム)」の 非公式裏技 サントリー赤屋根:そっけ 「AKAYANE(赤屋根) ジュニパーベリー オンリー」 鹿児島因伯人(イ…