ジンを楽しみ ジンで遊ぶ

ジン(酒)そのものを味わっています。国内外のジンを紹介するとともにジンで色々遊んでいます。

ジンの情報

【ブログ】 師匠! 「ムギオのお酒探訪」

ブログを書く時に参考にするのが、販売元、通販店、出版物などの紹介文。ですが、情報源が同じであったり、場合によっては完全なコピペ。それはそれなりに役立つのですが、それ以上が無く、袋小路に入ってしまう感じ。 そんな時、力をお借りするのが「ムギオ…

「酒番長ネット店」 ジン義 切らさせて頂きます

特に特徴があるわけでもないし、品数がものすごく多いわけでもないし、マニアックなモノがあるわけでもない。しかし、必ず、番長さんのご意見を伺う。と、言うのも、モノによって、かなり安いことがある。 例えば、ゴードンドライジンの37.5%、番長は875円…

ジン専門通販「アラジン」、ランプから出てくるのは魔ジン

アラジン、ディズニー映画を思い浮かべる方も多いか思うが、私は、挿し画の「魔法のランプ」からの「魔神」かな、「アラジン」ストーブも懐かしい。以上の前置きは無かったことにして、なんと!なんと! ジン専門の通販を紹介したい。 ほかの通販サイトの場…

本 「ジン大全」で、「宍戸大全」が蘇る

「大全」、全てを網羅したと言うことか、表紙にはCOMPLETE、完璧である。2019年3月、「日本ジン協会」監修で出されている。ジンの基礎、歴史、銘柄(日本の17を含む172)、最後に代表的なカクテルも紹介されている。271ページ。完璧。 写真も豊富で、読みや…

「酒が好き!人が好き! 武蔵屋」、お世話になっています。

クラフトジン、クラフトビール、何かとクラフトブームである。日本酒や焼酎なども、最近はクラフト的な造りが多い。ジンは世界的にもクラフトの波の中にあり、これを入手するために、通販は本当に有難い(特に、地方の愛ジン家にとっては)。 その中で、武蔵…

【ブログ】 ジン文学「遊歩者 只野乙山(ただのおっさん)」

10年にもなるブログ、音楽、読書、料理、映画等等、非常に幅広い話題が描かれ、その語り口がなんとも心地よい(→ここ)。興味のある方は見て頂くとして、ここではジン。ジンの記事はあまり多くはないし、最近は出てこない。が、素敵だ。 登場するのは、コー…

ちゃがたって何?、甚(ジン)大な「お酒のちゃがたパーク」

地方のジンファンにとって、通販サイトも重要な情報源である。岡山のちゃがたパークは、ウイスキーなど洋酒の品揃えが圧巻で、ジンだけでも約400の銘柄が並ぶ。1週間に1品呑んでも8年かかる、その前に破産するけれど・・・。 楽天、アマゾン、ヤフーに…

ネット ジンの虜になる 「Liquor Page(リカーページ)」

様様なお酒の、結構専門的な情報を、とにかく「分かりやすく丁寧に」紹介している。その中で、一番記事が多いのがジン(現時点で100近く)。ジンとはなんぞや?、おすすめのジン、最新の銘柄情報まで、知りたい時に、そして暇な時に眺めるだけでも楽しい。 …

本「世界と日本のジンを知る事典」 ジンをジンジンと感じる入門書

最近のクラフトジンブームに乗って出された入門書。紹介した個個のジンについて、テイスティングメモやボタニカルの種類を図解で示したり、そのジンの特徴をわかりやすく説明している。ジンに興味のある方は是非手にとって見て頂きたい。 ジンの楽しさは、個…

ホームページまでクラフト!「モンキー 47 ジン」

「モンキー 47 ジン」の記事(こちら)の中で、外観や中味の設定、ストーリー展開、トップクラスの味など、非常に興味深い一品であることを紹介した。このジンで、もう一つ紹介したいのがホームページ https://monkey47.com// である。 新聞をあしらった作り…

雑誌「Whisky Galore(ガロア)」大特集 世界のジンが大集合

隔月発行のウイスキーの専門誌にジン特集が掲載された。ウイスキー屋にとっては格下?のジン、ですが、自由発想の中、潮流はジン。同じ蒸留機で作るという共通項から取り上げざるを得なくなったか。感謝ですね。面白いですよ。 日本を含む127銘柄の紹介は、…